岸和田だんじり祭り のおすすめ穴場観覧スポット3選‼︎岸和田だんじり祭りのパレードとは?岸和田だんじり祭りやりまわしとは?岸和田だんじり祭りの9月・10月祭礼の日程は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 77

関西の代表的な秋祭りといえば、大阪府は岸和田市の『岸和田だんじり祭り』ですよね^^岸和田だんじり祭りといえば………最近ではテレビで取り上げられることも多くなって、全国的に有名なお祭りになってきましたよね。岸和田市といえば特に2011年のNHKの朝ドラ「カーネーション」の舞台となったデザイナーのコシノ三姉妹の実家があることでも有名で、これまでにコシノ三姉妹のほか、安田美沙子さん、萬田久子さん、宮地真緒さん、秋吉久美子さんなどが『岸和田だんじり祭り』を見物に訪れたことがあるそうですよ。今年は芸能人の方は観覧にいらっしゃるでしょうか………^^岸和田だんじり祭りの巨大な山車をすごいスピードで引っ張って行って、90度に曲がっていき、時には山車が倒れたり、電柱にぶつかったり、家の壁をぶっ壊したり………過去には死亡事故もあったとが………観覧には注意が必要かもしれません。なんだか危ない祭りのようですが安全なところで見物すればその迫力に圧倒されますよ。そこで今回は一度は生で見てみてほしい大阪・岸和田市の『岸和田だんじり祭り』のおすすめ穴場スポットや知っておきたい『岸和田だんじり祭り』の常識・豆知識について調べてみました。

引用元 http://blog.marinescape.jp/swc903/img/blog_import_52f4363321714.jpg

引用元
http://blog.marinescape.jp/swc903/img/blog_import_52f4363321714.jpg




スポンサードリンク



岸和田だんじり祭りのおすすめ穴場スポットは??


まずはじめに………以外と知られていない岸和田だんじり祭りの開催日程から………

試験曳き:9月4・16日午後2時~午後4時
宵宮:9月17日 午前6時~午後10時
本宮:9月18日 午前9時~午後10時


試験曳き:10月2日午後1時~午後5時
宵宮:10月8日 午前6時~午後10時
本宮:10月9日 午前7時~午後10時


実は岸和田だんじり祭りは9月祭礼と10月祭礼の2回開催なのです‼︎いろいろな方のご意見から………

  1. 第1位

    9月祭礼の岸和田地区

  2. 第2位

    9月開催の春木地区

  3. 第3位

    10月祭礼


この順番で混雑しているものと予想されます。一説には10月祭礼は9月祭礼と比べて規模が小さいとのことですが………それでも迫力は十分みたいですよ^^
それでもどうしても迫力満点の9月祭礼を観覧したいという方は………やはり

春木地区がおすすめ………です。とりわけおすすめの穴場スポットは………

岸和田だんじり祭りのおすすめ穴場スポット1
弥栄神社周辺


岸和田だんじり祭は岸和田地区だけのものじゃない‼︎………これだけは言わせてください。岸和田だんじり祭りの「やりまわし」やだんじり同士がすれ違う迫力満点のスリルと興奮が春木地区でも味わえます。
写真撮影も春木地区のほうが間近で撮影できるらしいですよ。そんな9月祭礼のおすすめの春木地区にある弥栄神社は地元の方が多いですけど………じっくりと観察することができます。
細い路地もたくさんあるので………やりまわしも思わずぶつかるぶつかる‼︎………と興奮さながらに観覧することができますよ。

 

岸和田だんじり祭りのおすすめ穴場スポット2
カンカン場


混雑必至の岸和田地区でだんじりを見ることができるおすすめの場所です。
やりまわしはもちろん見れますが、町内も見てまわれるので一石二鳥ですよ‼︎とはいえやはり岸和田地区です。混雑必至なのでご注意を‼︎

 

岸和田だんじり祭りのおすすめ穴場スポット3
岸和田天満宮


岸和田駅前にあるのでアクセスも良く………公衆トイレやコンビ二もあるので便利で安心‼︎人が集まる商店街の反対側にあるので………岸和田だんじり祭りを人混みを避けながら楽しむことができるかもしれません。
また境内にはだんじりが集まるので身近に見ることが出来ますよ〜^^


岸和田だんじり祭りの知っておきたい常識・豆知識〜だんじり・やりまわし・パレード〜



岸和田だんじり祭りの知っておきたい常識・豆知識をここでまとめてご紹介します。これを押さえておけば………デートで観覧に行っても………恥ずかしくない‼︎………デートで岸和田だんじり祭りは行かないかなぁ………TT

岸和田だんじり祭りの知っておきたい常識・豆知識1
だんじりとは?


「だんじり」とは祭礼の際に曳き回される乗り物の一種のことです。
車のついた屋根付きの屋台で、中に笛・太鼓・鉦などの囃子物をしながら曳き回します。
漢字で書くと地車(だんじり)です。関東では山車(だし)と呼ばれているようです。
京都の祇園祭の山鉾や青森ねぶた祭のねぶたも山車の一種。つまり関西で言うところのだんじりというわけなんですよね。岸和田だんじり祭りでは22町から自慢のだんじりが曳き回されます。

ちなみにだんじりと神輿の違いは

「神輿」・・・かつぎ棒が付いていて人がかつぐもの。

神輿は神様がのる乗り物で、人は決して神輿に乗ってはいけないのです。上から見下ろすのもNGです。

「山車」「だんじり」・・・台車に乗っていて人が引き綱を引っ張るもの。

神様が下りてくるための目印であり、祭礼のあいだ神様を招き入れ、居着いていただくためのもので、神社の周りの各町が用意するものです。

引用元 https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/image/2404.jpg

引用元
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/image/2404.jpg



引用元 https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/image/2405.jpg

引用元
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/uploaded/image/2405.jpg




スポンサードリンク



岸和田だんじり祭りの知っておきたい常識・豆知識2
パレード・宮入りは?コースは?


9月祭礼に関してご説明すると………

宵宮の9月17日、13時から岸和田駅前でパレードが行われます。5分ごとに次から次へとだんじりがやってきますので、かなり楽しめますよ。
本宮の9月18日には9時半から岸城神社に宮入りします。10時からは岸和田天神宮、7時からは弥栄神社にそれぞれ宮入りします。

岸和田だんじり祭りの知っておきたい常識・豆知識3
やりまわしとは?


なんといってもだんじり祭りの最大の見どころは『やりまわし』です。
『やりまわし』とは曲がり角でもスピードを落とさずに豪快に方向転換することで、迫力がこちらにも伝わってきます。
だんじりが倒れてしまうのでは、上に乗っている人が落ちやしないかと見ていてヒヤヒヤもしますが、成功した時は拍手喝采です。
実際、電柱をへし折ったり家の軒を壊したりすることもあります。なのでコース上にある家屋はだんじり保険に入っているんですよ。
まただんじり本体より周辺を走っている人たちを見てください。全力疾走で走りながら転んだ人たちを踏みつぶされないように引っ張り出しています。ちゃんと引っ張り出す係の人も決められていたりするそうですよ。

山車、屋台を華とする全国各地の祭礼において、その山車、屋台が曲がり角で方向転換するさまは大きな見所となっています。。例えば京都の祇園祭の鉾は車輪の下に、割った竹を敷いて滑らせる「辻まわし」、飛騨高山祭の山車は「戻し車」という第五番目の車輪を使い、変則の三輪となって角を曲がります。
岸和田のだんじりは、勢いよく走りながら直角に向きをかえるのですが、重さ四トンを超えるだんじりを走りながら操作するのは容易ではなく、その迫力とスピードにおいては岸和田だんじり祭を上回るものはないと言われています。速く、正確に「やりまわし」を行うには、それぞれの持ち場を受け持つ各団体の息が合うことが重要となり、これが人気の秘密でもあるんです。

とにかく一度、生で見てください。その迫力に興奮すること間違いありませんよ。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ