おわら風の盆 の前夜祭の日程は?おわら風の盆 2016の日程は?おわら風の盆の歴史・由来は?おわら風の盆の有料駐車場やシャトルバスは?おわら風の盆の交通規制は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 413

夏から秋にかけて日本各地で様々なお祭りが開催されますよね。その中でも、富山県富山市八尾(やつお)地域で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する行事である『おわら風の盆』というのをご存知でしょうか?越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露し、艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが素晴らしいお祭りです。歴史ある『おわら風の盆』………おすすめです^^そこで今回は『おわら風の盆』の日程はもちろん、歴史・由来や会場までのアクセスに駐車場や交通規制などについて調べてみましたのでご紹介します。

引用元 http://pds.exblog.jp/pds/1/201009/18/58/c0112158_12531591.jpg

引用元
http://pds.exblog.jp/pds/1/201009/18/58/c0112158_12531591.jpg




スポンサードリンク



越中八尾のおわら風の盆とは?



「おわら風の盆」は、富山県の八尾(やつお)地域に江戸時代から伝わる伝統的な夏祭り・盆踊りで民謡『越中おわら節』のメロディにのせて、9月1日から3日間、八尾周辺はお祭りムード一色となります。
1990年代後半には、高橋治の小説「風の盆恋歌」を契機とする「おわら風の盆」ブームが起こり、石川さゆりの『風の盆恋歌』は1989年の第40回NHK紅白歌合戦における紅組のトリを飾るヒット曲となりました。


おわら風の盆の歴史・由来・起源は?



越中おわら風の盆が、いつ頃始まったのか、明確な文献は残されていないのではっきりしていません。しかし、踊りとしては1702年(元禄元年)の町人によるパレード説が有力です。
これは当時有力な商家が所有していた、加賀藩の「町建」の重要文書を八尾の町衆が取り戻したお祝いに、三日三晩無礼講で町を練り歩いたというもの。
これに始まって、お盆にも歌舞音曲付きで踊るようになったそうです。
この後、二百十日の風の厄日(台風の厄日)に風神様に鎮魂の祈りを捧げる「風の盆」という行事に変化し、9月1日から3日にかけて行うようになったと言われています。


おわら風の盆 2016の日程や時間は?前夜祭は?



おわら風の盆では前夜祭が10日間ほど開催されます………ロングランですね^^

日程 時間
前夜祭 8/20~8/30 
(8/31は休み)
17時30分~22時まで。
本祭 9/1~9/3 15時~23時
(ただし17時~19時は休憩時間)

会場は八尾旧町、駅前地区です。

引用元 http://photo1.ganref.jp/photo/0/dd7d3c92190ad896e9b7546f69465005/thumb5.jpg

引用元
http://photo1.ganref.jp/photo/0/dd7d3c92190ad896e9b7546f69465005/thumb5.jpg




スポンサードリンク



おわら風の盆のアクセスは?駐車場は?


おわら風の盆の会場までのアクセスと駐車場情報をご案内します。おわら風の盆の駐車場は有料となります。この駐車場が満車になってしまうと他に停められる有料駐車場・コインパーキング的なものは存在しません。基本的には公共機関を利用してのご参加をおすすめします。

おわら風の盆のアクセス


電車の場合:JR越中八尾駅
車の場合:①北陸道富山ICから国道41号経由12km25分②北陸道富山西ICから国道372号経由12km25分


おわら風の盆の有料駐車場


富山市八尾スポーツアリーナ駐車場(富山市八尾町井田101)
利用時間 15:00~23:00
料金 1000円/台 自家用マイクロバス(もしくは改造キャンピングカー)は10000円/台

会場近くへのシャトルバス有り。 駐車料金をシャトルバスに乗る時に支払います。


越中八尾・おわら風の盆 2016の交通規制は?



八尾町中心部 1日、2日15:00~翌1:00 3日18:00~翌1:00
(時間前に規制区域に侵入した車は、規制時間終了まで規制範囲の外に出ることが出来ませんのでご注意ください)


美しい旋律にのって町を流すおわら踊りは、実は子どもの頃から何年も練習してきた地元の人たちが踊っているんです。おわら踊りは
1. 小さい子供が踊る簡単な「豊年踊り」
2. 中学生以上の男性が踊る「かかし踊り」
3. 女性が踊る「四季の踊り」
の三種類に分かれているそうで、是非、それぞれの踊りを見て楽しみたいですね。

日本の美しい伝統行事を今に伝える『おわら風の盆』にぜひお出かけくださいね。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ