花輪ばやしは観覧席・桟敷席のチケットがなくても大丈夫⁉︎花輪ばやし 2016のおすすめのツアー3選で桟敷席をゲット‼︎花輪ばやしの屋台とは?花輪ばやしの朝詰とは?花輪ばやしの口コミ。

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 446

秋田県の夏祭りといえば………東北三大祭りの一つ『秋田竿燈祭り』や日本三大花火大会の『大曲の花火』に日本三大盆踊りの『西馬音内盆踊り』と『日本三大◯◯』が目白押しですが………こちら秋田県鹿角市でも伝統のある華やかなお祭りが開催されます。『花輪ばやし』です。『花輪ばやし』は例年8月1の9日、20日に行われる、土地の守り神「産土神(うぶすな)さん」として古くから地域の信仰を集める、幸(さきわい)稲荷神社の祭礼において奉納される祭礼ばやしです。地味かもしれませんが………伝統あるお祭りです。一度訪れていただきたいお祭りの一つです。そんな『花輪ばやし』は何と言っても屋台が見どころの一つ………。またそんな屋台の最大の見どころの一つが朝詰………これは『花輪ばやし』独特の神事です。そこで今回は『花輪ばやし』の屋台や『朝詰』について………また『花輪ばやし』が観覧できるツアーや口コミなどについても調べてみましたのでご案内いたします。

引用元 http://pds.exblog.jp/pds/1/201208/23/18/b0207218_23262168.jpg

引用元
http://pds.exblog.jp/pds/1/201208/23/18/b0207218_23262168.jpg




スポンサードリンク



花輪ばやしの屋台とは?花輪ばやしの屋台の特徴は?



花輪ばやしのお祭に使われている屋台(山車)は、囃子の演奏者が歩行する形式の「腰抜け屋台」と呼ばれるものです。
祭礼にあたって神を迎えるために出すものを山車(だし)と呼び、地域によっては「だんじり」「ほこ」「やま」と呼びます。
屋台で使われる楽器の基本構成は、中太鼓2、小太鼓8~9、笛3、三味線2、摺り鉦1となっています。

花輪ばやしに参加しているのは、全10町で各町内の子供達は、小さな頃からお囃子の練習をして、町内を上げて花輪ばやしの伝承に取り組んでいます。各町の屋台は一見すると似ているようですが、それぞれ微妙に違います。その違いを確認してみるのも楽しいかもしれません。


花輪ばやしの見どころの一つ………『朝詰』ってなあに?パレード??



20日未明に行われ、華麗な屋台が若者たちの手によって町内をねり歩き、枡形と呼ばれる神輿の控え所に詰めることを朝詰といい、花輪ばやし最大のみどころです。途中、他町内を通過する際、町内の代表による「町境の挨拶」が行われ、枡形で行われる奉納演奏では、それまでの威勢の良いお囃子とは違い、荘厳な雰囲気の伝承曲が奏でられます。躍動的なパレードと趣向が変わり、一転、厳粛な神事となります。


花輪ばやしの桟敷席が取れなくても大丈夫‼︎花輪ばやしが観覧できるおすすめのツアーベスト3は?



花輪ばやしをツアーで見に行こう!観覧席付なら安心して祭りを楽しめますよね。


花輪ばやしが観覧できるおすすめのツアー1
『観覧席付・おひとり参加大歓迎!「西馬音内盆踊り」と「花輪ばやし」秘佛御開帳に中尊寺3日間』



出発地:関東/埼玉県  
旅行代金:47,900円 ~ 47,900円  
日数:2泊3日

詳しくは。こちらのクラブツーリズムのホームページをご確認願います。


花輪ばやしが観覧できるおすすめのツアー2
『「西馬音内盆踊り」と勇壮絢爛「花輪ばやし」3日間』<四季の華> 1泊目「山人 -yamado-」


出発地:関東/東京23区  
旅行代金:172,000円 ~ 172,000円 
日数:2泊3日

詳しくは。こちらのクラブツーリズムのホームページをご確認願います。

引用元 http://www.alpas.jp/wp-content/uploads/2014/08/DSC_0072.jpg

引用元
http://www.alpas.jp/wp-content/uploads/2014/08/DSC_0072.jpg




スポンサードリンク



花輪ばやしが観覧できるおすすめのツアー3
『日本三大盆踊りとも呼ばれる西馬音内(にしもない)盆踊りと日本三大ばやし花輪ばやし 3日間』


出発地:東京都他  
旅行代金:59,990円   
日数:2泊3日


詳しくは。こちらの阪急交通社のホームページをご確認願います。


花輪ばやしの口コミ情報や体験談は?



それでは最後に『花輪ばやし』に実際に行ったことのある方々の体験談や口コミ情報を調べてみましたのでご紹介いたします。



“花輪ばやしは『日本三大ばやし』の一つといわれているそうで、毎年8月19日から8月21日の夜中にかけて行われております。
見どころはなんといっても、19日と20日の夜に行われる駅前運行です!
駅前のロータリーに10町内の屋台10台が集まって、お囃子を打ち合います。
桟敷席に座ると、屋台が近くまで寄ってきてくれます。“

詳しくはこちらのフォートラベルのホームページをご参考願います。


“日本三大ばやしの一つになり夏の祭りになります。
はやしのやまが町内毎に出ており、やまの中で太鼓や笛 踊りをしていて、とにかく踊り子・掛け声(高校生 中学生)が元気良く 見ていると心に熱いものを感じます。“

詳しくはこちらのホームメイトリサーチのホームページをご参考願います。




花輪ばやしのお囃子を聴いているだけで体が揺れてくるし笑顔になっちゃいます。
そんな楽しい花輪ばやしに行ってみませんか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ