高円寺阿波踊り 2016の有料観覧席や桟敷席の入手方法は?高円寺阿波踊りの運行表は?高円寺阿波踊りの口コミ情報は?高円寺阿波踊り以外のおすすめの阿波踊りは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 56

日本全国夏祭りが真っ盛りな今日この頃………東京でも恒例の夏祭りの開催が近づいてきました。高円寺阿波踊りです‼︎高円寺阿波踊りといえば2015年の来場者数は2日間で100万人にも登りました………すごいですね〜^^阿波おどりを踊る場所もそこまで広くはないので………はっきり言ってゆったりとみるのは難しい………と言わざるを得ませんTTしかし高円寺阿波踊りでは協会も桟敷席を用意したり………色々苦労されているみたいです。阿波踊りといえば徳島が本場ですが、徳島まではちょっと………という方には是非オススメです。混んでますが………高円寺阿波踊り。そこで今回は高円寺阿波踊りの有料観覧席や口コミ情報に運行表………それから高円寺以外で開催されている東京の阿波踊りをご紹介したいと思います。

引用元 http://arekorekininaru.com/wp-content/uploads/2016/06/imgd5ed5cadzik3zj.jpeg

引用元
http://arekorekininaru.com/wp-content/uploads/2016/06/imgd5ed5cadzik3zj.jpeg




スポンサードリンク



高円寺阿波踊り 2016の有料観覧席の入手方法や値段は?



高円寺阿波踊りでは、桟敷席を用意してくれています。特設桟敷席は、1口6000円の協賛金を寄付した方にお礼で1席用意してくれる………というという仕組みで入手することができるみたいです。協賛の受け付けは毎年7月1日より行います‼︎お急ぎを〜‼︎………と思いきや高円寺阿波踊りの公式ホームページを確認すると………なんと既に完売………大人気ですTTここはグッと我慢の子で………桟敷席は来年までのお楽しみにとっておくしかないですねTT
また、観覧について場所取りは基本的に禁止されています。車道上にテープを張っての場所取りがあるようですが、禁止されており、大会当日開始前に貼られたテープは、警察や実行委員会、踊り手によりはがす作業が行われます。


高円寺阿波踊りの運行表とは?



踊りの各連は17:00より、各演舞場スタート地点からMAP内の番号順で一斉に踊り始めます。一部の連は17:00より各演舞場の中間スタート地点(演舞場中央付近)から踊り始めます。
各連は、桃園川付近で交差する八の字形のルートをとります。

引用元 http://www.koenji-awaodori.com/map/map02.html

引用元
http://www.koenji-awaodori.com/map/map02.html



引用元 http://www.koenji-awaodori.com/map/images/map02_02.jpg

引用元
http://www.koenji-awaodori.com/map/images/map02_02.jpg




スポンサードリンク



高円寺阿波踊りの口コミ情報・体験談



”最初に聞いたときは、なんで高円寺で阿波踊り?という感じでしたが、今やすっかり定着している気がします。
日程が近づくと電車の発車ベル?もお祭りっぽい曲になります。
最近、目立つのは海外からのお客様たち。ガイドブックにのっているのか、グループでいらしている方も多いです。たしかに盆踊りや普通のお祭りに比べると、あのリズムと踊りと日本らしさを味わえるので人気があるのかもしれません。 ”

”数年用事と重なり来れなかったが、今年は8月最後の週末だったのでなんとか来れた。6時前、天気があまり良くないにもかかわらず、駅北口広場は大勢の人が並び阿波踊りは見えなかった。このため、南側のアーケード街に回ってみたら、偶然スペースが空いていた。途中で買った缶ビールを飲みながらしばらく見ていた。プロカメラマン気取りの人達が前に立って見にくい時もあったが、次々くる阿波踊りの人達の元気な姿を見ていると、こちらも楽しくなっった。8時過ぎに終了したが、その後は飲み屋に移動してしばらく楽しい時間を過ごした。じっくり踊りを見たい方は、早めていく方がいいかもしれない。”

詳しくはこちらのフォートラベルのホームページをご確認ください。


高円寺阿波踊り以外の東京のおすすめ阿波踊りは?



東京には高円寺以外に阿波踊りのイベントがたくさんあります。

東京のおすすめ阿波踊り1
●きたまち阿波踊り


練馬で開催され、地元のじゃじゃ馬連やぽんぽこ連をはじめ、他関東の連が参加し商店街を練り歩きます。

東京のおすすめ阿波踊り2
●神楽坂祭り


4日間のお祭のうち、最終2日間が阿波踊りとなります。地元の「神楽坂かぐら連」をはじめ、約20の連が参加して大変盛り上がります。

東京のおすすめ阿波踊り3
●小金井阿波踊り大会


30年以上の歴史を持つ大会です。当日は太鼓や鐘の音、掛け声が街に響き渡り、各連による阿波踊りが披露されます。

東京のおすすめ阿波踊り4
●三鷹阿波踊り


三鷹の夏の名物となり、もうすぐ50年の歴史があります。2日間は、踊り手と観客で大賑わいとなります。

東京のおすすめ阿波踊り5
●東京大塚阿波踊り


大塚の夏の風物詩として43年以上の歴史を持ちます。来場者数10万人以上の人気イベントで、例年1000人以上の踊り手が参加しています。
阿波踊りの本場は徳島ですが、この賑やかで潔い踊りは江戸っ子の気質に合っているのかもしれませんね。


東京の阿波踊りは、商店街単位で開催される、商店街のイベントのような向きがあります。阿波踊りで商店街を練り歩き、商店街の前の出店を味わう、それが東京の阿波踊りの特徴の様です。元々、商店街を活気づかせるために始まったことが多いイベントで、東京都内のたくさんの阿波踊りを見て、その商店街の特徴を感じても面白そうですね。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ