五山の送り火 2016のおすすめツアーベスト3‼︎嵐山灯籠流し 2016の日程・時間は?嵐山灯籠流しの灯篭の値段は?五山の送り火と嵐山灯籠流しを一緒に観覧できる場所は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 453

五山の送り火(ごさんのおくりび)は、毎年8月に京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(通称大文字山)などで行われる、大々的なかがり火の伝統行事です。「大文字焼き」、「大文字の送り火」という名で全国に広く知られていますが、正式には「五山送り火」という名称です。お盆に迎えたお精霊(しょらい)さんという死者の霊を、ふたたびあの世へ送り返す宗教的な意味があって、葵祭・祇園祭・時代祭の京都三大祭りとともに、京都四大行事の1つともされています。また、たった1日の行事ですが、当日は京都市内は多くの人で賑わうみたいですね。。また同時に嵐山では灯籠流しが行われます。桟橋から灯籠を流し、お迎えしたお精霊さまを、極楽浄土へお送ります。五山の送り火も、嵐山灯籠流しの会場から見る事が可能なんです………ご存知でしたか??京都の夏を感じる行事を同時に体験したい方は、嵐山灯籠流しの会場に足を運んでみませんか?しかし実際に京都まで五山の送り火を観覧しに行くとなれば………ツアーなんかもいいですよね………たまには贅沢をして^^そこで今回は京都の『五山の送り火』のツアーや口コミに『嵐山灯籠流し』について調べてみました。

引用元 http://stat.ameba.jp/user_images/20120817/00/quinn0630/13/50/j/o0640042712138970848.jpg

引用元
http://stat.ameba.jp/user_images/20120817/00/quinn0630/13/50/j/o0640042712138970848.jpg




スポンサードリンク



京都の五山送り火・嵐山灯籠流しとは?

 


それでは早速ですが、嵐山灯籠流しの日程やアクセスなどをご紹介します。

嵐山灯籠流しの日程・時間・アクセスは?


日程:8月16日
会場:嵐山中之島公園
時間:19時〜21時
アクセス:
JR嵯峨嵐山駅から徒歩15分
京福・阪急嵐山駅から徒歩5分


嵐山灯籠流しの灯篭は購入できる?灯篭の値段は?


灯篭を購入する事も出来ます。

灯篭1基1,000円(水塔婆1枚付き)
追加水塔婆1枚200円


戒名・法名、または俗名などを伝えれば書いてもらえます。「○○家先祖代々」だけでもOK。自分で書くこともできます。
購入した灯籠は、係の人が組み立てて、当日川へと流します。

中ノ島公園では10時~21時、臨川寺前公園(渡月橋北詰)では10時~19時半まで受付してくれるため、灯籠が流れるのを見て「うちのも流したい」と思えば速攻でその場で流してくれますよ。
嵐山灯籠流しの会場から五山の送り火を見る事が出来ます。
遠くに大文字、そして近くには鳥居形です。まるで送り火に向かって灯籠が導かれているようで、とても幻想的な雰囲気です。

引用元 http://www.asakusaomatsuri.com/wp-content/uploads/2014/09/お祭り商店街西参道商店街振興組合-お祭りプラザ-お祭り紹介-五山送り火3.jpg

引用元
http://www.asakusaomatsuri.com/wp-content/uploads/2014/09/お祭り商店街西参道商店街振興組合-お祭りプラザ-お祭り紹介-五山送り火3.jpg




スポンサードリンク



五山の送り火が観覧できるおすすめのツアーベスト3‼︎



つづいて、五山送り火を観覧できるおすすめのツアーをご紹介します。ちょっと予算が厳しいかもしれませんが………京都観光を兼ねて、たまには贅沢をしてもいいのではないでしょうか??

五山の送り火が観覧できるおすすめのツアー1
『4食付き!京都市内のホテルで優雅に洋食フルコース/京都五山送り火!ホテル屋上から5文字観賞2日間』


出発地:関東/東京23区  
旅行代金:39,900円 ~ 39,900円 
日数:1泊2日

詳しくは、こちらのクラブツーリズムのホームページをご確認ください。

五山の送り火が観覧できるおすすめのツアー2
『嵯峨野トロッコ列車と京都市内のホテルで洋食フルコース 屋上より5文字観賞!京都五山送り火と夏の風物詩めぐり』


出発地:関東/東京23区  
旅行代金:59,900円 ~ 59,900円  
日数:2泊3日

詳しくは、こちらのクラブツーリズムのホームページをご確認ください。

五山の送り火が観覧できるおすすめのツアー3
『比叡山延暦寺と琵琶湖・竹生島へ 京の伝統行事「五山送り火」 京舞妓との贅なるひととき3日間』


出発地:関東/東京23区, 関東/神奈川県 
旅行代金:176,000円 ~ 176,000円
日数:2泊3日

詳しくは、こちらのクラブツーリズムのホームページをご確認ください。


五山の送り火の口コミ情報や体験談は?



最後に実際に京都まで五山の送り火を観覧しに行ったことのある方たちのご意見を伺ってみましょう‼︎



“年に1日限定の行事、五山の送り火。見ることができる時間も決まっていて、5つを同時に見ることのできる場所は限られています。1つを近くで見ると火のダイナミックさを感じることができるので、個人的には1つを近くでみるのが好みです。”

“毎年8月16日に行われる京都の夏の風物詩です。今回は久しぶりに出町から見ました。観光客も増え、以前と比べるととんでもないくらいの人混みです。そんな中、20時に大文字の火が灯りだしました。この送り火もお盆の先祖供養という趣旨から離れてひとつの大きなイベントになってしまいましたね。だけどこれを見ないと何か落ち着きません。”


詳しくは、こちらのトリップアドバイザーのホームページをご確認ください。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ