デカンショ祭りの駐車場情報‼︎デカンショ祭り 2016の日程・時間は?デカンショ祭りの見どころは花火に屋台⁉︎デカンショ祭りの歴史・由来……デカンショ節とは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 55

関西の夏祭りといえば………7月の天神祭や祇園祭が有名ですが………デカンショ祭も8月に開催されますよ‼︎デカンショ祭りは兵庫県篠山市で毎年8月に行われるデカンショ節の総踊りを中心としたお祭です。デカンショ節ってなんだか聞いたことありませんか?聞けば思い出すはず………そんなデカンショ節で踊るでやぐら総踊りはでカンショ祭りの見どころの一つですね。屋台なども充実していてとても楽しいお祭りと思われます………おすすめです。そしてデカンショ祭りに行かれるのなら………やはりデカンショ祭りの日程はもちろん歴史・由来やデカンショ節についても押さえておいていただきたいですね。またデカンショ祭りではシャトルバスなどを運行して公共交通でのアクセスをおすすめしているみたいですが………それでもお車で行きたいという方もいるかもしれませんねTT………そんなみなさんのために今回はデカンショ祭りの歴史や周辺の駐車場情報などについて調べてみました。

引用元 http://konipan.com/wp-content/uploads/2012/08/IMG_20120816_201553.jpg

引用元
http://konipan.com/wp-content/uploads/2012/08/IMG_20120816_201553.jpg




スポンサードリンク



デカンショ祭りとは?丹波篠山デカンショ祭りの歴史・由来は?



昭和27年(1952年)、旧篠山町内で個別におこなわれていた盆踊りを統合した盆踊りイベントとして始めたもので、全国に誇る民謡「デカンショ節」にあわせて踊る「デカンショ踊り」の丹波篠山を賑やかに彩る真夏の夜の盆踊りの祭典なんです。

デカンショ祭に踊られるデカンショ節ですが、「デカンショ」の意味には諸説があります。
どっこいしょの意味説や「出稼ぎしよう」の意味説、「天下の将」説などです。
最も有力視されているのが、有名な3人の哲学者、デカルト、カント、ショーペンハウエルの名前をもじった説。明治の中期に鳳鳴高校(現:篠山鳳鳴高校)出身の学生たちがシャレで歌っていたのが寮生たちに代々伝わって流行していったという説で、大正時代には既に定着したと言います。唄の合いの手として非常にゴロが良いので、大勢の人に愛されたようです。哲学者の名前を唱えながら踊る盆踊りって、なんだか不思議ですね。


デカンショ祭り 2016の日程・時間は?デカンショ祭りの主なイベントは?



デカンショ祭りの日程や時間はもちろんですが………やはりどんなイベントが開催されるのか予習しておきたいですよね^^


開催日程:8月15日・16日 
開催時間:12:00~22:00
開催場所:篠山城跡三の丸広場周辺(兵庫県篠山市北新町)



デカンショ祭りのイベントといえば………

ヤグラ総踊り(日本有数の巨大木造ヤグラでの総踊り)
・競演会・ジュニア競演会(デカンショ踊りコンテスト)
・踊り講習会
打上花火
屋台村、巨大夜店街
・演奏会等各種イベント


やはり『やぐら総踊り』や『打ち上げ花火』に『屋台』は外せないですよね〜^^気になりますね。

デカンショ祭りの会場となる篠山城跡三の丸広場までのアクセスは………

電車の場合:JR篠山口駅から神姫バス篠山営業所行に乗り25分→篠山本町下車徒歩10分

お車の場合:舞鶴若狭道丹南篠山口ICから車で15分

引用元 http://tourism.sasayama.jp/dekansho1.jpg

引用元
http://tourism.sasayama.jp/dekansho1.jpg




スポンサードリンク



デカンショ祭りの会場周辺の駐車場情報は?



やはりどうしてもお車で丹波篠山まででカンショ祭りを見に行きたい………という方もいらっしゃると思われます。そこで篠山城跡周辺の駐車場の情報を調べてみましたのでご紹介します。


1.さとうフレッシュバザール篠山店

2.コメリハード&グリーン篠山店

3.バザールタウン篠山STOCK館

4.タイムズ篠山口駅西公営

詳しくは、こちらのいつもNAVIのホームページをご確認ください。
当日は臨時の駐車場も用意されるみたいですので、そちらの注射が困難な場合などはご参考いただけると幸いです


デカンショ祭りのデカンショ節とは?



ヨーオイヨーオイのデッカンショ♪のお囃子で踊られるデッカンショ節は、民謡の祭典としても有名です。デカンショ節の歌詞は、伝統とともに新しく編纂され、進化し続けています。篠山城の普請に始まり、伝統的な特産物である丹波黒豆やぼたん鍋など歴史や文化を織り込んだ歌詞は今や300番にもなるんだとか。そして今も進化し続けているとか?21世紀の文化が盛り込まれた歌詞のデカンショ節が出現したら面白いですよね。
そのデカンショ節の歌詞、ちょっとご紹介します。



♪丹波篠山山家の猿が(ヨイヨイ)
 花のお江戸で芝居する(ヨオーイ ヨオーイ デカンショ)
♪デカンショデカンショで半年暮らす
 あとの半年寝て暮らす
♪酒は飲め飲め茶釜でわかせ
 お神酒(みき)あがらぬ神はない
♪盆のお月さん丸こて丸い
 丸てまんまるこてまだ丸い
♪わたしゃ丹波の勝栗(かちぐり)育ち
 中に甘味も渋もある
♪雪がちらちら丹波の宿に
 猪(しし)が飛び込む牡丹鍋(ぼたんなべ)




そのデカンショ節に合わせて踊られる盆踊りは、地元の小中学生から市民団体、企業団体まで様々なグループや個人によって構成されています。飛び入り参加OKですので、輪の中に入って一緒に踊ってみませんか?

花火があって屋台があってそしてやぐらを囲んでの盆踊り。これぞまさしく日本のお祭り!デカンショ祭りに行ってみませんか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ