徳島の阿波踊りの歴史・由来・起源。徳島の阿波踊り会館とは?徳島の阿波踊りに飛び入り参加する方法は?徳島の阿波おどり の連・にわか連とは?徳島の阿波おどりの 男踊り・女踊りとは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 520

400年の歴史がある徳島の阿波踊り。毎年、140万人を超える見物客が訪れ、期間中は、徳島市の中心街が阿波おどり一色に染まります。市内に設けられた有料・無料演舞場、おどり広場などで、「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の囃子詞にのせて、阿波おどりが繰り広げられます。400年とは………さすがに重みが違いますねぇ〜徳島の阿波踊りの歴史・由来も気になりますね。また徳島の阿波踊りには『男踊り・女踊り』と踊りにも種類があるのはご存知でしょうか??確かに衣装も違いますよね………。また、徳島の阿波踊りには………阿波踊りを観覧する以外にもお楽しみがまだまだあります‼︎例えば………『阿波踊り会館』という観光スポットをご存知でしょうか??また実は徳島の阿波踊りは飛び入り参加も可能なんです‼︎ヒントは『にわか連』ということで、今回は徳島の阿波踊りの歴史・由来や『男踊り・女踊り』に『にわか連』や『阿波踊り会館』などについて調べてみました。

引用元 http://www.geocities.jp/asa59gallery/hatisuka.jpg

引用元
http://www.geocities.jp/asa59gallery/hatisuka.jpg




スポンサードリンク



徳島の阿波踊り 2016の日程・時間は?徳島の阿波踊りは1部が人気⁉︎



徳島の阿波踊りの日程・時間をご案内します。徳島の阿波踊りは1部・2部の入れ替え制で観覧するみたいですね。また例年8/9~12までの期間はお隣の高知県で『よさこい祭り』が開催されているみたいのなです。そして高知の『よさこい祭り』は、午前11時から見られるので午前中に高知の『よさこい祭り』を見て………その足で徳島の阿波踊りを見ちゃう………なんていう二毛作がツウの楽しみ方みたいで人気があるようです。また、近県にお住いの方はもちろん日帰りで徳島の阿波踊りを観覧される方が多いので、やはり1部のチケットの方がかなり人気が高くなるわけです。

開催日:8月12日~8月15日
•第1部:18時~20時
•第2部:20時30分~22時30分
会場:徳島市各演舞場(街全体)



徳島の阿波踊りの歴史・起源・由来



阿波踊りの起源についてはいろいろな説があるのですが、3つの有力な起源説をご紹介します。

徳島の阿波踊りの歴史・起源・由来その1〜盆踊り起源説〜


阿波おどりが旧暦の7月に行われた盆踊りであるというもの。「俄」「組踊り」といった特殊なものが派生してきたとはいえ、そのもとは盆踊りであるという説。

徳島の阿波踊りの歴史・起源・由来その2〜風流踊り起源説〜


阿波おどりの特色である組踊りが、能楽の源流をなすといわれる「風流」の影響を強く受けているといわれ、寛文3年(1663年)の「三好記」の中には、天正6年(1578年)に十河存保が勝瑞城で風流踊りを開催したという記録に基づいてこれが阿波おどりの始まりとする説。

徳島の阿波踊りの歴史・起源・由来その3〜築城起源説〜


天正15年(1587年)に蜂須賀家政によって徳島城が落成したときに祝賀行事として、城下の人々が踊ったのが始まりという説。


徳島の穴場スポット……阿波踊り会館とは?


阿波おどり会館は、8月しか見られなかった阿波踊りが1年中楽しめるようになっています。「阿波おどりホール」では、ほぼ毎日、阿波おどりの公演が行われています。平日は一日三回、土日祝日は四回、ステージ上での有名連の演舞を楽しむことができます。また阿波踊りに関する展示や徳島市街を一望できる眉山山頂行きのロープウエイも運行されています。詳しくは、こちらの『阿波踊り会館』のホームページをご確認ください。

引用元 https://i.ytimg.com/vi/via7oAENKdQ/maxresdefault.jpg

引用元
https://i.ytimg.com/vi/via7oAENKdQ/maxresdefault.jpg




スポンサードリンク



徳島の阿波踊りの踊りとは?『男踊り・女踊り』とは



阿波踊りには男踊りと女踊りがあります。どちらも基本は手をあげて右足が前にでたら、右肩を。左足が出たら左肩をということで、女踊りは上品に男踊りはダイナミックにということです。手は上げっぱなし、女踊りはつま先立ち、男踊りは中腰と結構大変そうです。男踊りは女性や子供なども踊られるようです。


徳島の阿波踊りの『連』とは?



阿波おどりを踊る団体、グループのことを【連】と呼びます。連は同好の士や、企業・大学・団体等を単位に結成され、 踊り子と鳴物(三味線・鉦・太鼓・横笛等)で構成されます。 連の規模は様々で30~500人程度まであり、うち、技量練達した同好の連は有名連と呼ばれています。 有名連以外の連をあわせると限りない数の連があります。
有名連で人気なのは『殿様連』『娯茶平』『扇連』『都連』その他たくさんあります。いろんな連を見てお気に入りを探してください。


徳島の阿波踊りに飛び入り参加する裏技⁉︎『にわか連』とは?



徳島の阿波踊りでは、『にわか連』と言って、誰でも、自由に、しかも無料で、阿波踊りに参加出来るんです。

徳島の阿波踊りの『にわか連』の集合場所・半被(はっぴ)の貸し出し場所は?



『にわか連』の集合場所

1.徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
2.元町おどり広場(徳島市元町2丁目)

お問い合わせ:088-622-4010(徳島市観光協会)


にわか連用オリジナルデザインのハッピを貸出しています!

『にわか連』の半被(はっぴ)貸出場所

1.徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
2.阿波おどり総合案内所(徳島市寺島本町東

貸出及び返却時間:18:00~22:00(毎日先着250人)
貸出料:無料


※貸出時に預かり金として、1枚当たり3,000円が必要となり、 返却時にクリーニング代500円を除いた2,500円を返金されるようです。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ