西馬音内盆踊りの歴史。西馬音内盆踊りの読み方は?西馬音内盆踊りの衣装の意味は?西馬音内盆踊りの会場周辺の駐車場は?西馬音内盆踊り 2016の日程は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 645

夏といえば盆踊りの季節です。東北で代表的な盆踊りといえば………『西馬音内盆踊り』ですね。『西馬音内盆踊り』は秋田県雄勝群羽後町西馬音内で行われる盆踊りです。毎年8月16日から18日まで西馬音内本町通りにて行われ、『阿波踊り』『群上おどり』と合わせて日本三大盆踊りと称されます。また『西馬音内盆踊り』は重要無形民俗文化財にも登録されているのです。すごいですねぇ〜‼︎祖霊たちを送る盆の8月16日、出羽の山並みに日が沈むころ、羽後町西馬音内に寄せ、太鼓の囃子が鳴り響きます。やがで着飾った子供たちが篝火のたかれた本町通りで音頭の踊りを披露し、三日間にわたる盆踊りが幕を開けます。たまには盆踊りを観覧するのもいいと思います。おすすめです。そこで今回は秋田の『西馬音内盆踊り』の日程や歴史・読み方に衣装のことや会場までのアクセスや周辺の駐車場事情などについて調べてみました。

引用元 http://skipio.sakura.ne.jp/akita/clip_nishimonai_bon-dance01.jpg

引用元
http://skipio.sakura.ne.jp/akita/clip_nishimonai_bon-dance01.jpg




スポンサードリンク



西馬音内盆踊り 2016の日程・時間は?



毎年8月16日から18日まで、秋田県羽後町の西馬音内本通りで行われます。お盆に合わせて行われるので、毎年同じ日程になります。

8月16日 19:00~23:00
8月17日 19:00~23:00
8月18日 19:00~23:30


*踊り本番は19:30から始まります。


西馬音内盆踊りの会場までのアクセスは?



「西馬音内盆踊り』は路上で開催される盆踊りです。東京からのアクセスを中心にご紹介します。


西馬音内盆踊りへの電車(JR秋田新幹線こまち)でのアクセス


JR東京駅→JR仙台駅→JR大曲駅→JR湯沢駅から路線バス(25分)、またはタクシー(15分)で羽後町西馬音内

西馬音内盆踊りへの飛行機でのアクセス


JR東京駅→JR浜松町→東京モノレール→羽田空港→東京国際空港→秋田空港→JR秋田駅→JR湯沢駅から路線バス(25分)、またはタクシー(15分)で羽後町西馬音内

西馬音内盆踊りへのお車でのアクセス


川口JCT→東北自動車道→仙台宮城→東北自動車道→北上JCT→秋田自動車道→横手IC→秋田自動車道→湯沢IC→国道398号線にて羽後町西馬音内へ


西馬音内盆踊りの会場周辺の駐車場情報



近県などがらお車でお越しの方々のための会場周辺には駐車場が用意されているみたいです。

西馬音内盆踊りの普通車用の駐車場


羽後町役場(250台) 
羽後中学校(100台) 
西馬音内小学校(70台)


西馬音内盆踊りの普通車以外の駐車場


総合体育館(バス専用で100台)  
五輪坂スポーツガーデン(役場より3㎞で無料、100台、大型可)


バス駐車場はFAXでの事前予約受付が必要みたいですね、また専用申込書があるみたいですね。
詳しくは本部連絡所 TEL 0183-78-4187へお問い合わせください。

また、こちらの駐車場は環境整備協力金として

普通車が¥1000  
マイクロバス¥7000  
大型バス¥12000

が必要みたいですね。

引用元 http://ultraleo.com/wp-content/uploads/2016/06/西馬音内盆踊り交通規制2015.jpg

引用元
http://ultraleo.com/wp-content/uploads/2016/06/西馬音内盆踊り交通規制2015.jpg



※2016年度も2015年度版と大きくは変わりはないと思われます。


スポンサードリンク



西馬音内盆踊りの歴史、西馬音内盆踊りの読み方は?



西馬音内盆踊りの起源、沿革については記録されたものが全くないため、すべて言い伝えによるものとなります。正応年間(1288~93)に源親という修行僧が、蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)を観請し、ここの境内で法然祈願として躍らせたものという説があります。これが慶長6年(1601)西馬音内城主 小野寺茂道一族が滅び、土着した遺臣たちが君主をしのび、旧盆の16~20日までの5日間、宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行われた亡者踊りと合流しました。そして天明年間(1781~1789)に現在の本町通りに移り、現在まで継承されてきたものと伝えられます。

大正年間にいよいよ盛んになった盆踊りに対して、警察当局が「風俗を乱すもの」として弾圧したことが伝えられています。街の人々の抗議も押し問答の繰り返しでらちがあかず、その上そうした事情で必要な経費も集めることができずに、一時は非常に衰えました。
しかし、西馬音内盆踊りの復興を強く望む声が高まり、地主の中にも資材を投げ出してまで復興を望む人々がいたようで、数年後には元のようにさかんになりました。


『西馬音内』とはかなり珍しい表記ですね。『西馬音内』の読み方は「にしもない」が正解です。地元の人以外、すぐには読めないことが多そうです。


西馬音内盆踊りの衣装の意味・秘密⁉︎



篝火に映えるあでやかなな衣装が踊りに彩りを添えます。編み笠や彦三頭巾で顔を隠しているからこそ、身にまとる一つ一つに心を配り、個性をどう出すか工夫を凝らすのです。

西馬音内盆踊りの衣装〜彦三頭巾〜


黒い布をすっぽりかぶり、前と後ろをたらします。「目穴」を目の位置に合わせて、頭巾を止めるために豆絞りの手ぬぐいなどで鉢巻をします。亡者踊りの雰囲気が漂います。

引用元 http://stat.ameba.jp/user_images/20140822/09/iwamasam/90/ff/j/o0610040613042515077.jpg

引用元
http://stat.ameba.jp/user_images/20140822/09/iwamasam/90/ff/j/o0610040613042515077.jpg



西馬音内盆踊りの衣装〜編み笠〜


よく乾燥させたイグサで作る半月状の笠です。前後に大きな反りが入っているのが特徴で、前と後ろを赤い紐で結びます。笠の左右にくくり縫いされた赤いあごひもと白い肌のコントラストが際立ちます。

西馬音内盆踊りの衣装〜藍染浴衣〜


多くは手絞りの藍染です。かつては町屋の女性たちが自分なりの柄を考え作りました。もっとも古いのは数十年経つといわれています。腰から下げた赤い「しごき」が踊りの動きにつれて揺れ、乱舞します。

引用元 http://www.adnet-sakigake.com/interview/nawano/nawano2.jpg

引用元
http://www.adnet-sakigake.com/interview/nawano/nawano2.jpg



西馬音内盆踊りの衣装〜端縫い衣装〜


かつては接(は)ぎ衣装と言われ、大小の絹布の端切れを工夫しながら継ぎ合せて作られました。一定のルールがあり、袖口や裾などには同じ柄の布を使い、布の配置は左右対称とします。

引用元 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/74/aaba652661b431736726061af22b8fcb.jpg

引用元
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/74/aaba652661b431736726061af22b8fcb.jpg




西馬音内盆踊りの衣装〜履物〜


白い足袋に紅白の緒の付いた草履をはきます。かつてはすぐにすり切れてしまったようですが、現在はゴムを張ったもので二年は持つそうです。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ