新庄まつりの山車とは?新庄まつりの山車小屋とは?新庄まつり 2016のおすすめツアーは?新庄まつりの有料観覧席のチケット入手方法は??新庄まつりの山車の意味は?ユネスコは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 811

夏祭りのシーズンも徐々に終わりを告げようとする8月下旬ですが…………東北地方では夏祭りのフィナーレを飾るべく山形県で新庄まつりが開催されます。山形の新庄まつりは毎年8月24日から26日の3日間で開催されます。そのため…………なんと、2016年は水曜日から金曜日の平日開催です…………TTせっかっく東北の夏祭りを締めくくるのにふさわしい新庄まつりなのによりにもよって2016年は平日開催になってしまうとは…………理由は簡単です。一つは新庄まつりの起源が天満神社の祭礼となっていること、もう一つは最上公園内にある三神社の例大祭日の日程が8月24日(戸沢神社例大祭)、25日(天満神社例大祭)、26日(護国神社例大祭)の3日間と決まっているため、これらを「新庄まつりの期日」としているのです。とはいえ…………せっかくなのでできればお休みを取っていただいて、山形県の『新庄まつり』を是非訪れて欲しいです。そんな『新庄まつり』といえば何と言っても山車行列が見どころです。山車は2ヶ月ほど前から山車小屋というところで作成されるとか…………気になりませんか??また『新庄まつり』には有料の観覧席も用意されています。是非とも見晴らしの良い有料観覧席で山車行列や神輿渡御を観覧頂きたいです。また、せっかくの山形までのお祭り見物…………ツアーなんかも気になりますよね〜^^そんな思いも込めて…………今回は山形の『新庄まつり』の有料観覧席やツアーを中心に『新庄まつり』の屋台や前夜祭などについても合わせて調べてみました。

引用元 http://blog-imgs-63.fc2.com/o/s/a/osanpo2yamagata/blog_import_53aee4e339020.jpg

引用元
http://blog-imgs-63.fc2.com/o/s/a/osanpo2yamagata/blog_import_53aee4e339020.jpg




スポンサードリンク



新庄まつり 2016のおすすめツアーは?



新庄まつりが観覧できるツアーをいろいろ調べてみました〜‼︎…………しかし、なかなかツアー自体が見つかりませんでした〜TTその中でも選りすぐり⁉︎のツアーをご紹介します。


『絢爛豪華な山車行列!山形新庄まつりと天童温泉2日間』【新宿・上野出発】


出発地:関東/東京23区
旅行代金:19,900円 ~ 21,900円
日数:1泊2日

詳しくは、クラブツーリズムのホームページをご確認ください。

今のところ、これ以外にオススメできるツアーが見当たらないのですが………お祭りまでまだまだ時間はあります。昨年も幾つかツアーが組まれているようなので、もう少し様子を見た方がいいかもしれませんね。


新庄まつりの有料観覧席・桟敷席のチケット入手方法



新庄まつりにも有料観覧席が用意されています。桟敷席はないようですがスタンド席とそれ以外があるみたいですね。会場は新庄駅前ふれあい広場「アビエス」です。(新庄駅西口に隣接)

新庄まつりの観覧席チケットの料金


日程 行事・時間 スタンド席 スタンド席以外
宵祭り 8月24日 山車行列 午後7時ころ~8時30分頃 ¥2000 ¥1500
本祭り 8月25日 山車行列 午前10時~12時 ¥1500 無料



販売受付:平成28年7月1日(金)~8月19日(金)
受付時間:午前9時~午後4時(平日のみ)

*受付は先着順で満席になり次第終了となります。例年早々に満席となります。早めにお申し込みください

受付専用電話:0233-23-4865(この専用電話のみです)
*希望観覧期日と購入枚数、郵便番号、住所、氏名、電話番号を言います。料金納入の確認が取れ次第、観覧席券を郵送してくれます。
*座席の指定はできません。




新庄まつりの山車・山車小屋とは



新庄まつりの山車は「やたい」と呼ばれ、町衆は若連という組織を作って毎年町内単位で山車を作ります。ちなみに山車は地域によって「屋台」とは「曳山」などと呼ばれているみたいですね。新庄まつりの山車の題材は能・歌舞伎や歴史物語、伝説などから選び、等身大の人形を中心に、山・館・花・滝などを周りに配します。山車に人形を配するあたりは、『八戸三社まつり』にも共通したところがあると思われます。また人形つながりでいえば、春の中部。東海地方の『亀崎潮干まつり』『春の高山祭』『犬山まつり』などでは『からくり人形』を配した山車が登場し多くの観光客で賑わっていますね。また新庄まつりでは、山車は神を招くための道しるべであり、つまりは神さまへのお供え物の一つであるとの考えに基づいているようです。したがって神さまにささげるものである以上は季節を問わず春には春の美、秋には秋の美といった、もっとも美しい花を供えるという考えが山車作りの根底にはあるみたいですね。

そして、新庄まつりの山車に備えられているものには華やかさ以外にもそれぞれ意味があるようです。

新庄まつりの山車の「人形」の意味


人形の頭と手、露出した足は、人形師の野川家から借りたもので、彫刻したものと型抜きしたものがあり、胴体はワラをさらしで巻いて作ります。人の化身で魂が入っています。

新庄まつりの山車の「動物・生物」の意味


大蛇や竜・キツネなど、題材によって作られます。動物の毛並みには断熱材のガラス槻維を使うなど、本物らしく見せるよう工夫を凝らします。

新庄まつりの山車の「山」の意味


山は神を招くところ。どの山車にも山は作られ、一番最初に作ります。段ボールや金網などに和紙を貼り、町内独特の色を塗ります。

新庄まつりの山車の「館」の意味


豪華な館は町内の誇りです。町内の財産として大切に保管し、毎年場面に合わせて色や仕上げを調整します。

新庄まつりの山車の「滝」の意味


山には必ず滝がつきます。滝は水の神様を表します。

新庄まつりの山車の「松」の意味


松は神を招く目印とされています。山車には必ず飾ります。金と銀の短冊が下げられ、一層華やかになります。

新庄まつりの山車の「桜」の意味


松・ぼたんとともに、桜は山車に欠かせない三種の神器。少ないと淋しいものです。松と同様、これにも金と銀の短冊が飾られます。

引用元 http://shinjo-matsuri.jp/wp/wp-content/themes/shinjomatsuri/image/analyze_image.jpg

引用元
http://shinjo-matsuri.jp/wp/wp-content/themes/shinjomatsuri/image/analyze_image.jpg




スポンサードリンク



新庄まつりの山車の「牡丹」の意味


ぼたんは女性の姿を表すと言われています。花をくくりつけるのは、春にピンクの花をつけるガザ木で、釘がよくききます。

新庄まつりの山車の「紅葉」の意味


山は神を招くところ。どの山車にも山は作られ、一番最初に作ります。段ボールや金網などに和紙を貼り、町内独特の色を塗ります。

新庄まつりの山車の「波・波しぶき」の意味


海の波と川の波では違います。海の波は青地に白を描き、川の波は白地に青を描きます。波しぶきは、本物らしく波が揺れている感じを出すために、竹の棒などの先に粘土をつけて。重みをつけています。

新庄まつりの山車の「はりだし(舟)」の意味


山車の先頭部分は「はりだし」と呼ばれ、舟のへさきのようになっているので「舟」とも呼ばれます。

新庄まつりの山車の「幕の中」の意味


格納庫になっています。宵まつりに山車をライトアップする発電機もここに取り付けます。


新庄まつりの山車の風流(ふりゅう)とは?


題名の前に必ず付く「風流」は、「華やかに雅びをこらす」という意味で、わざと大袈裟に飾りをつけた華美な服装で、面白おかしく歌舞伎や物語の場面を再現し、時空を超越するという意味に解釈されています。
これがあるため、時代考証にとらわれず、季節や空間を超えて独特な各町内の山車が作られます。

新庄まつりの山車小屋とは?


山車は本番二か月前になると、各若連は山車小屋を設置し、山車作りがスタートします。本番1週間前からは朝から晩まで山車小屋に入りっぱなしで作業します。そして、山車はすべて各町内がそれぞれ設置した山車小屋で製作されています。山車作りの最盛期となる8月は、連日深夜遅くまでの作業となります。


新庄まつりのユネスコとは?



新庄まつりの山車行事を含む日本の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産の候補として国連教育科学文化機関〈ユネスコ〉に一括提案されることが決定しました。日本の山・鉾・屋台行事は全国18府県32件が対象で、山形県内では初めてのリスト入りとなります。


新庄まつり 2016の山車の各山車小屋の題目・題材は?



新庄まつり 2016はどんな題材・題目の山車が登場するのか楽しみなところですが………まだ作成中なのでわかりませんね。参考までに2015年の新庄まつりの各山車小屋の作成した山車の題材・題目をご紹介します。

引用元 http://shinjo-matsuri.jp/wp/wp-content/uploads/2015_furyu.jpg

引用元
http://shinjo-matsuri.jp/wp/wp-content/uploads/2015_furyu.jpg




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ