八戸三社大祭の山車の種類・題材は?八戸三社大祭 2016おすすめツアー3選‼︎八戸三社大祭 2016の有料観覧席・桟敷席のチケット入手方法・値段は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 836

いよいよ夏祭りも本番を迎える時期に突入してまいりました。東北地方でも『青森ねぶたまつり』『仙台七夕まつり』『秋田竿燈まつり』といった『東北三大祭り』や『盛岡さんさ踊り』『弘前ねぷたまつり』など華やかで迫力のあるお祭りが目白押しです。そして東北地方にはこのほかにも………東北地方で最大級の祭り………と言われるお祭りがまだあります‼︎青森県の八戸三社大祭です。八戸三社大祭は曜日に関係なく毎年7月31日から8月4日まで開催されます。毎年同じ日です。八戸三社大祭の三社とは八戸市内の法霊山おがみ神社(法霊神社)、長者山新羅神社、神明宮のことです。そしてこの八戸三社大祭の見どころといえば、この三社の神輿行列と市内各町を中心とした組の20数台の華麗な人形山車が、神社の氏子として八戸市中心市街地を巡行するところです。せっかく八戸三社大祭に行こうと計画されているのであれば、ぜひ八戸三社大祭の山車について予習していただきたい。また八戸三社大祭にツアーで行こうなんて方も少なくないと思われます。ツアーは少し予算が高くつきますがその分お祭りを満喫できること間違いないです。また八戸三社大祭のの有料観覧席・桟敷席のチケット入手方法も気になるところ………ツアーで行く場合はチケットが用意されていることもありますが、そうでない場合は有料観覧席・桟敷席のチケットがあった方がゆったりと八戸三社大祭の観覧を楽しめると思われます。そこで今回は『八戸三社大祭』の山車の種類や題材などの豆知識やツアーに有料観覧席のチケット入手方法などについて調べてみました。


八戸三社大祭の山車とは?山車の種類は?山車の題材は?大きさは?



本来、山車というのは、日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称で、花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多く、地方によって呼称や形式は異なります。曳山、祭屋台、などとも称されます。また厳密にいうと、山の形状を摸したり、上に木を立てて山の象徴をしたものを「山」、それらが無い屋根の付いたひき物が「屋台」と分類されます。ただし、実際は祭礼ごとに計上に関係なく、名称がどちらかに統一されている場合が多いようです。ここで八戸三社大祭の山車について幾つかの山車とその場面をご紹介します。

八戸三社大祭の山車〜その1〜神明宮


●廿六日町山車組「西塔鬼若丸(さいとうおにわかまる)」
武蔵坊弁慶が暴れん坊だった幼少時の名前で、人々を困らせる大鯉を担当で見事に退治した。

引用元 http://feature.daily-tohoku.co.jp/sansya/dashi/img/nijuurokuniti_l.jpg

引用元
http://feature.daily-tohoku.co.jp/sansya/dashi/img/nijuurokuniti_l.jpg




スポンサードリンク



●新荒牧町附若者連「関ヶ原の戦い」
石田三成率いる西軍が総崩れとなるなか、島津軍は敵陣へ正面からの的中突破を敢行。

●上組町若者連「虎牢関の戦い」
連合軍の劉備三兄弟の次男「関羽」が呂布に一騎打ちを挑み、のちに二人が加わり呂布は撤退。

引用元 http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/11/04/02/src_11040229.jpg?1439198225

引用元
http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/11/04/02/src_11040229.jpg?1439198225




●賣市附祭山車組「西遊記」
三蔵法師一行が天竺を目指す途中、芭蕉扇を巡り戦う牛魔王の話と、金角・銀角との戦い。

他に「九郎義経の一の谷合戦の場」「義経北行伝説」「毛利元就の厳島神社必勝祈願」があります。

八戸三社大祭の山車〜その2〜おがみ神社


●塩町附祭組「大漁を与ふ天照大神と七福神」
七福神が大量を喜ぶ場面と、天空から天照大神が祝福している場面

●下大工町附祭「源平合戦 倶利伽羅峠」
源義仲は、倶利伽羅峠で平清盛率いる軍と激突。夜襲を仕掛けて平家軍を追い詰め、10万の兵を2万まで激減させる。

●下組町山車組「知盛怨霊顕る摂州大物浦難風の場」
大物浦沖で義経一行の船は、壇ノ浦で滅ぼした平家の亡霊にあい、船を曳く手を阻むどくろ

引用元 http://livedoor.blogimg.jp/aho_sora/imgs/6/4/64f0933f.jpg

引用元
http://livedoor.blogimg.jp/aho_sora/imgs/6/4/64f0933f.jpg



●内丸親睦会「石川五右衛門」
臥龍城(がりゅうじょぅ)で「絶景かな」の名台詞を唱える場面と、橋上で五右衛門とワンハンが戦う場面。

●淀山車組「初夢・七福神」
七福神が豊年豊作、家内安全、商売繁盛の祝宴を開いている場面で、八戸の発展を祈願。

●城下附祭「新釈 はなさかじいさん」
優しい爺さんと婆さんを天界から見守る愛犬シロと、名場面「ここ掘れワンワン」「枯れ木に花を咲かせましょう」。

引用元 http://livedoor.blogimg.jp/aho_sora/imgs/1/e/1e058966.jpg

引用元
http://livedoor.blogimg.jp/aho_sora/imgs/1/e/1e058966.jpg



●十一日町龍組「八戸三島神社 宗像三女神(さんじょじん)~八戸の大漁を賀する~」
三嶋神社に祀られている宗像三女神様を主役に、源義経一行が浜の大漁を祝福する場面。

他に「京劇 白虎伝」「祈り」「縁」「八戸の守護 三社祭神と四神」があります。

八戸三社大祭の山車〜その3〜長者山新羅神社


●吹上山車組「新竹取物語 なよ竹のかぐや姫」
光り輝くかぐや姫が、別れを惜しむ翁(おきな)と媼(おうな)に別れを告げ、満月の夜に月へ帰る場面。

引用元 http://pbs.twimg.com/media/Bt3U0_CCMAAkEo9.jpg:large

引用元
http://pbs.twimg.com/media/Bt3U0_CCMAAkEo9.jpg:large




スポンサードリンク



●八戸共進会山車組「龍虎の戦い川中島合戦」
上杉謙信と武田信玄が川中島の戦いで一騎打ちになった場面。

●糠塚附祭組「桃太郎の鬼退治」
桃太郎が犬やキジ、サルをお供に鬼ヶ島へ乗り込み、鬼退治をしている場面。

●十六日町山車組「鳴神(なるかみ)」~盟(ちか)い破れて鳴る雷(いかずち)と化す~」
主役は大見得を切る鳴神上人(しょうにん)、鳴神を惑わす「雲の絶問姫(たまえひめ)」と師匠の陰陽師「安倍清行(あべのきよゆき)」。

●鍛冶町附祭若者連「大物浦(だいもつのうら) 怪士知盛(あやかしとももり)」
大物浦から船出しようとする源義経に、平知盛はじめ平家の怨霊たちが襲い掛かる場面。

●八戸市職員互助会「北方の神・毘沙門天・邪気を誅す~北行義経を守護する~」
毘沙門天と息子の五代子(ごだいし)が邪気を退散させ、妻の吉祥天が幸福を授ける場面と、義経が八戸に毘沙門天を祀り北へ向かう場面。

他に「延平王(えんぺいおう) 国性爺(こくせんや) 和藤内(わとうない)」「桃太郎の鬼退治」「ユネスコ文化遺産登録祈願・八戸三社大祭・七福神の山車づくり」があります。


八戸三社大祭 2016のおすすめツアー3選



ここで八戸三社大祭が観覧できるおすすめのツアーをご紹介します。

八戸三社大祭 2016のおすすめツアー1
『指定観覧席から見物!豪華絢爛「八戸三社大祭」と熱き東北魂の象徴「青森ねぶた祭」 3日間』【東京駅出発/大宮乗車可】コース情報:1名1室同旅行代金


出発地:関東/埼玉県,関東/東京23区
旅行代金 79,900円 ~ 79,900円
日数:2泊3日

詳しくは、クラブツーリズムのホームページをご確認ください。

八戸三社大祭 2016のおすすめツアー2
<ひとり旅>『下北美人の湯に2連泊 青森ねぶた祭と八戸三社大祭』【バス席1人2席/1名1室確約】 8/3発は催行決定


出発地:関東/東京23区
旅行代金:99,900円 ~ 99,900円
日数:2泊3日

詳しくは、クラブツーリズムのホームページをご確認ください。

八戸三社大祭 2016のおすすめツアー3
『トイレ付き足元ゆったりシートバスで行く 7つの祭りを満喫!東北夏祭り周遊7日間』【仙台・泉中央・イオン富谷出発】<こだわりのバスの旅>


出発地:東北/宮城県
旅行代金:150,000円 ~ 150,000円
日数:6泊7日

詳しくは、クラブツーリズムのホームページをご確認ください。


八戸三社大祭の有料観覧席・桟敷席のチケット入手方法は?



八戸三社大祭では、有料観覧席を設けています。合同運行3日間について、2016年4月13日から受け付けています。電話か八戸コンベンション協会窓口へ、直接行って申し込んでください。(ファックスやメールでの受け付けはしていません)支払い手続きなどの詳細は、予約の際に案内があります。

「八戸観光コンベンション協会(土日祝休)
 八戸市内丸1-1-2  ☎0178-41-1661」


観覧席料金は一人¥2200です。パイプ椅子の席で屋根は有りません。全席指定で、席番の決定は主催者が行います。車いすの方は事前に申し出てください。
観覧席設置日  2016年8月1日~3日(水)

引用元 http://mani-entertainment.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/08/04/dsc00031.jpg

引用元
http://mani-entertainment.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/08/04/dsc00031.jpg



スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ