仙台七夕まつり の歴史・由来は?仙台七夕まつりの会場周辺の有料駐車場情報‼︎仙台七夕まつり 2016の日程・時間に場所は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 435

夏になれば東北で様々なお祭りが開催されます。その中でも仙台七夕まつりは全国的にも有名で、多くの観光客が訪れる仙台の代表的なお祭りです。宮城県仙台市で開催される『仙台七夕まつり』は東北三大祭りのひとつでもあり日本三大七夕のひとつとして数えられる大規模な3日間のお祭りです。今年は是非『仙台七夕まつり』を訪れてみてください‼︎おすすめです。『仙台七夕まつり』は前夜祭で仙台七夕花火大会も開催されます^^仙台七夕まつりの花火大会は1万6000発もの花火が市内を流れる広瀬川周辺で打上げられ、360度の方向から花火を楽しむ事ができます。せっかく『仙台七夕まつり』に行くのであれば………日程はもちろん仙台七夕まつりの歴史や由来なんかも押さえておきたいですよね。ここぞで彼女に雑学披露して欲しいところです………^^また仙台七夕まつりの会場周辺の駐車場情報なんかもお車でお見えの方には重要な情報ですよね。そこで今回は『仙台七夕まつり』の歴史・由来や日程に周辺の駐車場情報をご紹介します。

引用元 http://cdn.amanaimages.com/preview640/11070004820.jpg

引用元
http://cdn.amanaimages.com/preview640/11070004820.jpg




スポンサードリンク



仙台七夕まつりとは?


仙台七夕まつりは例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたって宮城県仙台市で行われます。七夕と言えば飾りですが、仙台市で大規模な飾り付けがされるのは一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などで見ることができます。それ以外の商店街組織ごとの飾り付けや店舗や家庭など個別の飾り付けなどは市内各地至るところに小から大まで合計3000本と言われる飾り付けがなされており]、街中が七夕一色になります。この仙台七夕まつり、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつりの3つで一般的には『東北三大(夏)祭り』と呼ばれています。この3つの祭りに山形花笠まつりを加えて『東北四大(夏)祭り』ということもあります。


仙台七夕まつりの歴史・由来


江戸時代初期、仙台藩祖の伊達政宗が女性に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため当地で盛んな年中行事の1つになったともされていますが、詳細は不明のままです。明治の頃には不景気などで七夕の風習は薄れていたのですが、1927年、この状況を憂えた商店街の有志らによって大規模に七夕飾りが飾られました。すると、大勢の見物客で商店街は賑わい、翌1928年には旧暦開催を新暦日付の月遅れ(8月6日・7日・8日)に開催することとし、東北産業博覧会と関連して「飾りつけコンクール」も行われ以降、華麗な飾りつけが発達するようになりました。このようにして、「七夕」という庶民の風習は「七夕祭り」という昼間の商店街で行われるイベントへ転換してきました。


仙台七夕まつり 2016の日程・時間に場所は?七夕飾りの観覧時間は?



開催日:毎年8月6日から8日(曜日関係なく)
観覧場所:仙台市内の中心部商店街、周辺部商店街
飾りの観覧時間:中心部商店街10:00~21:00
周辺部商店街10:00~18:00

引用元 http://2.bp.blogspot.com/-AcOGCNMVKeY/TjHMTGT6meI/AAAAAAAAAhw/pZJNHVNxrVQ/s1600/hanabi1001.jpg

引用元
http://2.bp.blogspot.com/-AcOGCNMVKeY/TjHMTGT6meI/AAAAAAAAAhw/pZJNHVNxrVQ/s1600/hanabi1001.jpg




スポンサードリンク



仙台七夕まつりの会場周辺の駐車場情報



周辺には無料駐車場はありません。有料駐車場はありますが、早くに満車になってしまいますのでなるべく電車で行かれた方がいいと思います。

仙台七夕まつりの会場周辺の有料駐車場

駐車場名 収容台数
1 ヒューマン青葉通ビル駐車場 34台
2 リパ-ク仙台一番町3丁目 19台
3 ヒューモスパーク国分町 26台
4 NPD仙台一番町駐車場 88台
5 ベルモーズパーキング 150台

このほかにも周辺には、有料の駐車場がほかにもあるみたいです。詳しくはtabicoのホームページをご確認ください。


七夕と言えば短冊に願い事を書きますが、願い事をかなえるにはどうすればいいのか?七夕に限らず一年の内、幾度が目に見えない物に願をかける機会は結構ありますよね。初詣やお墓参り、神社参りや流れ星を見た時なんかも無意識に「○○になりますように」と心でつぶやきがちです。是非今日からは「〇〇になりました。幸せです、ありがとうございます!」と習慣づけてみませんか?つまり「宝くじが当たりますよう」ではなく「宝くじが当たりました。ありがとうございます」と自分の未来予想図を描いて先にお礼を言っておくということなんです。難しい理屈はわかりませんが、願いが叶ったらどうなるかということを鮮明に自分の中で理解していた方がお星さまもかなえやすいということのようです。

一度、こんな風に短冊に願い事を書いてみませんか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ