佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)とは?佐原の大祭の歴史・由来は?佐原の大祭(夏祭り)の「のの字廻し」とは?佐原の大祭(夏祭り)2016の日程・時間は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 539

千葉県香取市佐原で開催される『佐原の大祭』はご存知でしょうか?7月と10月、年二回行われる重要無形民俗文化財に指定されているお祭りです。年に2回も開催されるお祭りといえば岐阜県の高山祭を思い出しますが……こちらの佐原の大祭(秋祭り・夏祭り)は関東三大祭にも挙げられているそうです。特に佐原の大祭(夏祭り)は何と言っても山車が有名で巨大な人形で歴史上の人物などを象ったり…………って福井県の三国祭みたいですが………何と言っても佐原囃子で有名なお囃子が有名ですよ^^気になりませんか………佐原の大祭(夏祭り)‼︎そこで佐原の大祭(夏祭り)の歴史・由来や日程などについて調べてみました。

引用元 http://pic.prepics-cdn.com/ts1143/29151842.jpeg

引用元
http://pic.prepics-cdn.com/ts1143/29151842.jpeg




スポンサードリンク



佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)とは?佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)の歴史・由来は?



佐原の大祭(さわらのたいさい)は、千葉県香取市(旧佐原市)佐原の市街地で行われる7月の本宿祇園祭と10月の新宿秋祭りの総称です。川越氷川祭・常陸國總社宮大祭とともに関東三大祭りの一つでもあります。毎年約35万人もの人出で、地元の人たちは「佐原の夏の大祭で本格的な夏がやって来た」と言われています。

佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)とは


佐原の大祭は佐原本宿の夏祭りと新宿の秋祭りの2つのお祭りを指すそうです。市街地を曳きまわされる大人形に鯉や鷹などを象った作りものがのる山車や佐原囃子が特徴ですね。そして何と言っても佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)は国の重要無形民俗文化財に指定されています。 夏祭りは八坂神社(旧牛頭天王社)の祇園祭で、古い町並みが残る佐原の中心部の本宿という地域の氏子各町内から山車が10台繰り出されて各町内を曳きまわされるそうです。 一方で秋祭りは諏訪神社(旧諏訪明神社)の大祭で、小野川西側の新宿と呼ばれている氏子区域の町内から山車14台が繰り出されて同地域を曳きまわされるそうです。どちらも山車が登場するのは一緒ですね^^

佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)歴史


佐原では嘉慶2年ごろに八日市場の地に牛頭天王社があったそうで、それから天和3年には浜宿というところに牛頭天王社が造立されたことが古い歴史の書物にも書かれているみたいです。佐原本宿の牛頭天王社のおまつりは当初、御神輿につけて祭りとしてただ花万燈等を持ち歩いていただけのようです。また牛頭天王社の山車祭りが始まる前には浜降りの神輿渡御行列が行われていたようですね。そして元禄年間になっても山車が登場したとの記述はなく………お囃子を中心とする練物(仮装、山車、囃子などが行列を作って氏子圏を練り歩く行為)であったようです。

その後江戸時代に参勤交代によって東北諸藩からの藩米を江戸に大量に運ぶ手段として、茨城県の那珂から水運と陸上輸送の手段ではどうにも間に合わない‼︎……ということで今の千葉県銚子から佐原を経由して利根川で舟による輸送経路が開発されると、大消費地江戸への経由地として佐原が栄えていき、また新宿の六斎市も盛んになり佐原で働く人口も増え、佐原も独自の文化を形成しながら栄えて行ったみたいです。そして佐原で忙しく働く人々をねぎらうために地元の有力な商人たちが祭りを始めたことが今のお祭りの始まりのようです。山車の起こりも蔵方達が大八車に御幣を載せて遊んだのが始まりだともいわれています。
 

佐原の大祭(夏祭り)の日程・時間は?佐原の大祭(夏祭り)の「のの字廻し」とは?



八坂神社の祭礼である夏祭りは、本宿地区を10台の山車が曳き廻され、日によって勇壮にして華やかな曲曳き「のの字廻し」などが披露されます。

「のの字廻し」とは山車に向かって左前の車輪を軸として、筆で「の」の字を書くように、後輪を担ぎ上げるようにして数回回転させるものです。

「のの字廻し」は力の集中配分が崩れると山車は方向性を失ってしまいます。この軸をずらさず回転させると………「のの字廻し」が上手とされています。 また、回転はゆっくり〜ゆっくり〜とあたかも山車の大人形が能を舞っているように………しかも提灯もできるだけ揺らさないように…。 というのが大事なようです。

例年7月10日以降の金・土・日に行われ、2016年は7月15日~17日 10:00~22:00に開催されます。ちなみに佐原の大祭(秋祭り)は諏訪神社の祭礼で、10月7日~9日に14台の山車が曳き回されます。

会場:香取市佐原(夏祭り:本宿地区、秋祭り:新宿地区)
問い合わせ先:香取市商工観光課 電話:0478-54-1111(代)
水郷佐原観光協会 電話:0478-52-6675


佐原の大祭(夏祭り・秋祭り)のアクセスは?





電車:JR成田線 佐原駅から徒歩10分
車 :東関東自動車道 佐原香取ICから10分、大栄ICから20分

高速バス:京成バス・千葉交通
浜松町・東京駅発佐原経由銚子行佐原駅北口 下車 徒歩10分

関鉄グリーンバス
東京駅発鉾田駅行佐原駅等で下車 徒歩10分




引用元 http://mitte-x-img.phj.jp/suigo-sawara/photo/middle/平成27年佐原の大祭夏祭り案内チラシ.jpg

引用元
http://mitte-x-img.phj.jp/suigo-sawara/photo/middle/平成27年佐原の大祭夏祭り案内チラシ.jpg




スポンサードリンク



佐原の大祭(夏祭り)の交通規制や雨天中止は?観覧の注意点



佐原の大祭の見どころは、巨大山車の曳き回しです。4メートルクラスの大人形をのせた山車は、自慢からの高さは7メートル、重さ4トンになります。その山車を人力だけで方向転換したり、狭い道ギリギリに曳き回すのは迫力満点です。曲曳きというのの字に山車を回したりなど、男衆は真剣に担いでいます。近くで見たい気持ちはわかりますが邪魔にならぬよう注意してください。

また周辺は交通規制が敷かれ、道路などは渋滞します。昼過ぎから道路、佐原駅とも大混雑します。午前中なら比較的空いていますので早めに現地に到着することをおすすめします。屋台もたくさん出ますし楽しめるお祭りですが、雨天決行なので雲行きが怪しい時は雨具の用意も忘れずに。

佐原の夏の風物詩『佐原の大祭』にぜひお出かけくださいね。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ