うわじま牛鬼まつり 2016の花火大会とは?うわじま牛鬼まつり 2016の花火大会の無料駐車場は?うわじま牛鬼まつりの事故とは?うわじま牛鬼まつりの口コミ情報

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 68

四国を代表する夏祭りの一つ『うわじま牛鬼まつり』が、愛媛県宇和島市で開催されます。『うわじま牛鬼まつり』の見どころと言えば、2夜連続で行われる花火やパレードです。やはり夏祭りに花火はつきものですよね^^四国のお祭りと言えば『よさこい祭り』‼︎という方の方が多いと思いますが『うわじま牛鬼まつり』も負けず劣らずのお祭り………と思います^^ぜひ今年の夏は『うわじま牛鬼まつり』に行っていただきたいですね。そこで今回は愛媛県『うわじま牛鬼まつり』の見どころである花火大会や実際に『うわじま牛鬼まつり』に行ったことがある方たちの口コミ情報などについて調べてみました。

引用元 http://iyokannet.jp/images/upload/7_b.jpg

引用元
http://iyokannet.jp/images/upload/7_b.jpg




スポンサードリンク



和霊大祭・うわじま牛鬼まつりとは?



うわじま牛鬼まつりは7月22日~24日までの3日間、ガイヤカーニバルを皮切りに盛大に始まり、祭りの花形・牛鬼の巨体が練り歩き、うわじま踊りや花火、クライマックスは勇壮な走り込みなど盛りだくさんな夏の暑さを忘れる熱気あるお祭りです。牛鬼とは毎年7月22~24日に開催される「和霊大祭(われいたいさい)・うわじま牛鬼まつり」などの花形で、数十人の若者に担ぎあげられ、子どもたちが吹き鳴らすブーブーという「ブーヤレ」(竹ぼら)の音を従えて、長い首を打ち振りながら練り歩き、家ごとに首を突っ込んでは悪魔払いをします。


うわじま牛鬼まつり 2016の花火大会の時間は?打ち上げ場所は?駐車場・有料観覧席は?



牛鬼パレードや闘牛大会などで賑わう「うわじま牛鬼まつり」の多数の行事のうちの一つで、次々とダイナミックな尺玉が打ち上げられます。初日は宇和島湾から尺玉打上げと海面で開く水中花火。そして、2日目の仕掛け花火&打ち上げ花火が「うわじま牛鬼まつり」のフィナーレとなります。



うわじま牛鬼まつり花火大会(宇和島湾)の基本情報

開催日程・時間:
7/23 20:40~21:20、7/24 20:40~(予定)

雨天:
小雨決行(荒天時は中止)

開催場所:

宇和島湾、和霊神社前須賀川、丸山公園運動広場

アクセス:

JR予讃線「宇和島駅」から徒歩25分

お問い合わせ先:

宇和島市観光協会 0895-22-3934、うわじま牛鬼まつり実行委員会 0895-22-5555


駐車場に関しては無料駐車場が『うわじま牛鬼まつり』で準備されているようです。よろしければこちらをご利用ください。また有料観覧席に関しては該当する情報はなく、おそらく「うわじま牛鬼まつり」の花火大会では全て無料と思われます。………ということは場所取りが大事………ということかもしれませんTT

日程 場所 時間 見込台数
7/22 宇和島市役所(曙町)
フジグラン北宇和島駐車場(伊吹町)
南予地方局(天神町)
17:30~22:00
9:00~22:00
17:30~22:00
100台
300台
50台
7/23 宇和島市役所(曙町)
フジグラン北宇和島駐車場(伊吹町)
南予地方局(天神町)
総合体育館駐車場(弁天町)※花火大会見物用
17:30~22:00
9:00~22:00
17:30~22:00
19:00~22:00
100台
300台
50台
350台
7/24 宇和島市役所(曙町)
フジグラン北宇和島駐車場(伊吹町)
南予地方局(天神町)
17:30~22:00
9:00~22:00
17:30~22:00
100台
300台
50台


スポンサードリンク



和霊大祭・うわじま牛鬼まつりの口コミ情報



それでは実際に和霊大祭・うわじま牛鬼まつりに行ったことのある方たちの口コミをご紹介します。

“愛媛県の宇和島市で行われる夏のお祭り「うしおに祭り」
大きな牛鬼や小さな子供の牛鬼が商店街などをねり歩きます。
ロックのリズムのお祭り歌もとてもかっこいいんです^^
(サイトでも聞くことが出来ます^^)
昔からあるお祭りの歌もやさしい雰囲気でいいなあと思います^^
お祭りの屋台では「型抜き」など懐かしいものからキャラクターのお面やチョコバナナなどあって楽しいです^^“

“私が宇和島に来始めてから早7年になります。
ここには年3回程訪れますが、観光で来るならば、夏の時期、特に7月下旬に行われるお祭り(牛鬼まつり、ガイヤカーニバル、闘牛、水上花火)の時期に来るのが良いでしょう。
ここは伊達家の街と言って過言ではないでしょう。
有名な史跡は伊達家ゆかりの場所が多々あります。
宇和島城、天赦園、和霊神社、伊達博物館、墓所等がおすすめです。“

詳しくは、トリップアドバイザーのホームページをご覧の上、ご参考にしてください。


和霊大祭・うわじま牛鬼まつりのガイヤパレードで事故………⁉︎



昨年のガイヤパレードにおいて事故が起こりました。詳細は22日のガイヤカーニバルで牛鬼が、銀天街の店の看板に接触し壊れた看板のプラスチックの破片が、お祭りを見に来れていた30代の女性の左目にあたり女性は病院で手当を受けましたが、左目を失明してしまったということでした。以下は朝日新聞からの事故に関する記事の引用します。



”22日から3日間の日程で宇和島市内で開かれた「うわじま牛鬼まつり」の実行委員会は27日、まつり期間中に「牛鬼」と接触した商店街の看板が割れ、落下した破片に当たった見物客1人が重傷を負う事故があった、と発表した。左目に当たり、見えなくなっているという。実行委によると、22日午後5時半ごろ、催しの一つ「ガイヤカーニバル」を先導していた牛鬼の尾の部分がプラスチック製の看板にぶつかったという。この際、破片は落下、見物していた市内に住む30代の女性会社員の目に当たったという。牛鬼は頭が鬼で体が牛のような姿を持つ南予地方に伝わる魔よけ。看板にぶつかった牛鬼は高さ6~7メートルほどあるという。この牛鬼が所属する保存会の責任者は取材に対し、「首と胴体を左右に振る動きが大きくなってしまったようだ。女性にはお見舞いして謝罪した。今後は事故を起こさないようにしたい」と話した。”

朝日新聞デジタル 「愛媛)牛鬼まつりで見物客が重傷 左目見えない状態に」2015年7月28日03時00分より引用


お祭りを運営する上で主催者側の安全に対する注意義務は当然ですが、何が起こるかはやはりわかりません。安全管理がなされていることが前提ではありますが、自分の身を守れるのもやはり自分自身ということなのでしょうか………。お子様連れでのご観覧の際は「うわじま牛鬼まつり」に限らずご注意ください。

四国の夏の風物詩『うわじま牛鬼まつり』ちょうど夏休みに入ったところです。ぜひご家族で遊びに行かれてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ