ほおずき市(東京)は浅草だけじゃない⁉︎ほおずき市の由来・歴史。浅草寺・神楽坂・愛宕神社のほおずき市 2016の日程・時間・アクセス方法を紹介‼︎

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 411

東京は下町の夏祭りといえば………隅田川花火大会が有名ですが……そればかりではありません‼︎鶯谷は入谷鬼子母神の『入谷朝顔祭り(朝顔市)』や『ほおずき市』だって有名ですよぉ‼︎夏を告げる縁日として毎年7月上旬に観音様や寺で開かれるほおずき市。東京は下町の台東区浅草にある浅草寺で開かれる『ほおずき市』は有名なのですが………実は浅草寺以外でもこの時期にほおずき市が開催されているのです‼︎例えば神楽坂の『神楽坂まつり』や愛宕神社の縁日にだるま市でおなじみの深大寺に朝日神社などなど………知りませんでしたTTそこで今回は江戸の風物詩である『ほおずき市』について歴史や浅草寺以外の神楽坂や愛宕神社の日程やアクセスについても調べてみました。

引用元 http://art16.photozou.jp/pub/848/234848/photo/23417988_org.v1271385728.jpg

引用元
http://art16.photozou.jp/pub/848/234848/photo/23417988_org.v1271385728.jpg




スポンサードリンク



夏の風物詩『ほおずき市』とは?入谷朝顔祭り(朝顔市)と浅草・ほおずき市……あなたならどっち⁉︎



ほおずき市とは各お寺の境内にほおづきの鉢植えが並べられ売られます。
ちなみに………浅草寺・ほおずき市では
浅草寺の境内ならば約100軒のほおづきの屋台・露天が立ち並び賑わいます^^時間は朝8時から夜21時まで開かれます。日程は7月9日、10日の2日間に行われますがこの2日間で約60万人と多くの人が訪れる催しとなります。ほおずき市の時期はちょうど梅雨明けの時期でもありますので、鉢植えに風鈴がつけられ涼しげに鳴ることから「夏の風物詩」とも言われています。ちなみにこの時期はご近所の鶯谷は入谷鬼子母神でも『入谷朝顔祭り(朝顔市)』が開催されます。まさに下町の『夏の風物詩』決定戦といったところでしょうか??みなさんはどちらに行かれるのでしょうか?


ほおずき市の由来・歴史……ほおずき市は浅草寺・愛宕神社・神楽坂・朝日神社………の縁日の歴史⁉︎



毎月18日は観音様とご縁のある日とされており、この日を「縁日」と呼んでいました。この縁日に参拝すると、より多くのご利益が得られると伝えられてきました。 室町時代以降には「功徳日」(くどくび)と呼ばれる縁日が新たに定められ、この日に参拝した場合には一度の参拝で百日分や千日分のご利益を得られるとされていました。この功徳日の中でも最もご利益が多いとされているのが、7月10日です。この日は千日分のご利益が得られるとされ「千日詣」(せんにちまいり)と呼ばれていました。浅草寺では1716年頃より「四万六千日」(しまんろくせんにち)と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分に相当すると言われています。ほおずきは薬草として重宝されていたので、家族にほおずきを買って帰るというのがほおずき市の始まりとされています。


東京・ほおずき市 2016の会場までのアクセス・日程・時間



それでは、ここでは東京のほおずき市のなかでも……浅草寺・神楽坂・愛宕神社の日程・時間・アクセスなどをご紹介します。

引用元 http://miner8.com/ja/wp-content/uploads/2014/06/9372319713_5a8b2a0934_b.jpg

引用元
http://miner8.com/ja/wp-content/uploads/2014/06/9372319713_5a8b2a0934_b.jpg




スポンサードリンク



浅草寺・ほおずき市


日程:2016年7月9日・10日 
時間:本堂6:00~20:00 ほおずき市:8:00~21:00

アクセス方法・最寄駅:
東武スカイツリーライン 浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線 浅草駅より徒歩5分


神楽坂まつり・ほおずき市


日程:2016年7月27日・28日 
時間:17:30~22:00

アクセス方法・最寄駅:
東京メトロ東西線 飯田橋よりすぐ
JR飯田橋駅より徒歩1分


愛宕神社・ほおずき市


日程:2016年6月23日・24日

アクセス方法・最寄駅:
東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩5分
JR「新橋駅」より徒歩20分


他に清水稲荷神社・深大寺・朝日神社・文京ほおずき市などでもほおずき市が開催されます。

お盆の日にちは地方によって異なります。東京など都市部では、7月13日~16日(4日間)に行うことが多いので、お盆の飾りの代表格であるほおずきの市が立つようになったといわれています。
古から伝わる江戸の風物詩ほおずきを楽しんでみられてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ