那智の火祭りは那智の扇祭り⁉︎那智の火祭りの由来・歴史。那智の火祭りのおすすめツアーは?那智の火祭りの人形とは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 534

みなさん………日本三大火祭りはご存知でしょうか?実はこの日本三大火祭りは諸説がたくさん……たくさんあります^^長野県の『道祖神祭り』に京都の『お松明』に『鞍馬の火祭』に福岡の『鬼術すべ』に『鬼夜』……福島の『松明あかし』に山梨の『吉田の火祭り』………もう三大火祭りと言っていいのか……わかりませんTT

そんな混迷を極める『日本三大火祭り』の一つ『那智の火祭り』は、大松明で扇神輿を清め、お迎えする熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)の例大祭です。神輿の渡御があり、燃えさかる大松明が焔を飛び散らせるさまは……まさに『日本三大火祭り』……ですね^^祇園祭や天神祭もいいですが……熊那智の滝などのパワースッポットでおなじみの和歌山県の熊野那智大社で行われる勇壮な『那智の火祭り』を訪れてみるのもいいのではないでしょうか??もしかしたら『那智の火祭り』を観覧したら……良いことが訪れるかもしれませんね^^そこで今回は那智の滝などで有名な和歌山県の熊野那智大社で行われる『那智の火祭り』の由来・歴史や人形にツアーなどについて調べてみました。ちなみに『那智の火祭り』は『那智の扇祭り』と解消

引用元 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f9-fd/shigeto1953/folder/1288966/92/38644592/img_0

引用元
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f9-fd/shigeto1953/folder/1288966/92/38644592/img_0




スポンサードリンク



那智の滝でおなじみの熊野那智大社で行われる……那智の火祭りとは?



那智の火祭りは、熊野那智大社の例大祭で、那智火祭りの通称で知られていますが、正式には扇祭または扇会式法会です。例年7月14日に行われており、扇祭は「那智の火祭り」として和歌山県の無形民俗文化財に、例大祭にて奉納される田楽舞(那智の田楽)は国の重要無形民俗文化財に指定されています。その際に『那智の火祭り』は『那智の扇祭り』として登録されているようで、2015年から『那智の火祭り』改め『那智の扇祭り』と呼び名も変更し新たな歴史をスタートさせた模様です。

那智の火祭りの由来・歴史



神事としての扇祭(那智火祭り)は、かつて夫須美大神を花の窟から勧請した故事にまつわるものであるとされ、かつては寄り木となる木を立てて大神を迎えた後、その木を倒して大神が帰らぬようにする神事があったといわれています。今日では祭の意義は、例えば農事繁栄のような生命力の再生と繁栄として解されています。水は那智における古くからの崇拝の対象である滝の本体であって、生命の源と解され、一方で火は、万物の活力の源を表しています。そして、滝本から本社への還御の儀式に見られるように、扇祭の祭礼は神霊の再生復活と、それによる生命すなわち五穀豊穣を祈念する祭りということなのです。


那智の火祭り 2016の時間・日程



それでは熊野那智大社の『那智の火祭り』の2016年の日程と時間に関して調べましたのでご案内します。宵宮祭と例大祭で2日間の開催の予定みたいですね。



宵宮祭(7月13日)

礼殿にて大和舞・田楽舞・田植舞が奉納されます。

例大祭(7月14日)

午前10時からの「御本社大前の儀」から始まり、午前11時から「大和舞」、午前11時30分から「那智田楽」が奉納されます。



クライマックスとなる御滝本神事(大松明に点火)は午後2時から滝前の参道にて行われます。御火神事で用いられる大松明の重さは約50kg程もあり、桧の割板を桶のように輪じめにしたもので12体奉製されます。祭の主体である扇神輿は幅1m、長さ6m程の細長い框に赤緞子を張り、金地に朱の日の丸を描いた扇を組み合わせ、9か所に計32本、白銅鏡八面、それに「光」「蝶の鬚」「縁松」「桧扇の花」などを飾り付けます。

大松明の炎が参道いっぱいに乱舞する姿は壮大で感動します。


那智の火祭りの人形とは………お土産の火祭り人形と夏越大祓の人形とは?



和歌山の那智の火祭りに行ったならお土産に火祭り人形はいかがですか?松明を持った武者の形をした郷土玩具で、いろんなサイズがあり火祭りを見た時の感動をお家でも思い出すことができますよ。

引用元 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/5f/c6/83/5fc683032849eb9552686c951eef993f.jpg

引用元
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/5f/c6/83/5fc683032849eb9552686c951eef993f.jpg




スポンサードリンク



ちなみに熊野那智大社では那智の火祭 が、夏越大祓と例大祭特別大祈祷が合わせて執り行わているようです。

夏越大祓とは……
日々の生活の中で知らぬ間に犯している罪やふれている穢れた自分自身を『人形』に移して祓い清め、新たに始まる日々の生活に臨もうとするために執り行われているようです。

夏越大祓では各聖地、各大社にて人形に自分の名前、年齢、を鉛筆で記載し、人形を体の全身に撫でる様にした後に顔から30cm位離した位置で停止し、息を三回、吹き替けます。そして人形に罪穢れが乗り移り、聖地の滝や川に流して水で浄化し火祭にて燃やし浄化されます。このとき本人と人形が一体である「かたしろ」となることで『人形』が浄化されると同時に、それは本人も浄化されることを意味するみたいですね。遠方からもできるみたいですが………詳しくは熊野那智大社にお問い合わせいただくのがいいかもしれません。期日などもあると思われますのでお問い合わせはお早めに^^


那智の火祭り 2016が観覧できるおすすめのをツアーは?



それでは最後に那智の火祭りを観覧できるおすすめのツアーをご紹介します。

「那智の扇祭り」


出発地:三宮・西宮北口  1泊2日
基本代金 :37,000(3-4名1室)

詳しくは、神姫バスツアーズ株式会社のホームページをご確認ください。ご予約はお早めに‼︎

日本三大火祭り 那智の扇祭りと熊野三山 3日間


出発地:東京駅  2泊3日
基本代金:¥128,000

詳しくは、株式会社ユーラシア旅行社のホームページをご確認ください。

神聖な熊野古道で行われる「那智の火祭り」にぜひ出かけてくださいね。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ