天神祭 2016の花火とは?天神祭 2016の奉納花火の絶景ポイントは?天神祭の船渡御とは?天神祭 2016の船渡御で花火を観覧する方法は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 526

「日本三大祭り」のひとつに数えられる大阪天満宮で行われる「天神祭」!

6月の下旬から一ヶ月にわたって行われる「天神祭」は、一千年の昔から大阪の夏の風物詩として多くの人々を惹きつけています。その数々の行事の中でも一番人気の「天神祭奉納花火大会」と「船渡御」……気になります^^そこで今回は天神祭の天神祭奉納花火大会と船渡御について調べてみました。

引用元 http://beblo.net/yutaka/diary-detail-7534/cl_img/diary_img_1/diary_368_7534_1.jpg

引用元
http://beblo.net/yutaka/diary-detail-7534/cl_img/diary_img_1/diary_368_7534_1.jpg




スポンサードリンク



天神祭 2016の奉納花火やギャルみこしなどに関する情報は

天神祭 2016の見どころは?天神祭の奉納花火・天神祭の船渡御・陸渡御・天神祭のギャルみこし…オススメは?


天神祭 2016の奉納花火の日程や観覧席に穴場スポットなどに関する情報は

天神祭 2016の奉納花火の穴場スポットは?天神祭 2016の有料・特別観覧席・船渡御のチケット購入方法・値段・販売期間は?


天神祭 2016のおすすめツアーやおすすめ屋台などに関する情報は

天神祭は屋台も楽しい‼︎天神祭 2016の人気の屋台は?天神祭 2016のおすすめツアー3選


天神祭 2016の日程・スケジュールに交通規制などに関する情報は

天神祭の日程・時間は?天神祭 2016の交通規制・通行止めは?天神祭の場所・アクセス方法は?



をご閲覧願います。


天神祭の天神祭奉納花火を見ることができるおすすめのホテル・レストラン



天神祭りの奉納大花火大会は7月25日19:00~21:00頃です。打ち上げ場所は大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)で、もちろんこの周辺で無料で花火を楽しめます。でもどうせならお洒落なホテルやレストランで花火を楽しまれてはいかがでしょうか?

帝国ホテル大阪


大阪府大阪市北区天満橋1-8-50(JR環状線 桜ノ宮駅西出口より徒歩約5分)
迫力のある花火と「舟渡御」のかがり火のコラボが楽しめます。レストランでも天神祭特別メニューなどが提案されています。

ヒルトン大阪


大阪市北区梅田1-8-8(JR大阪駅下車徒歩2分)
打上げ場所からは少し距離がありますが、高層階からはバッチリ天神祭奉納花火が鑑賞できます。

大阪キャッスルホテル


大阪市中央区天満橋京町1-1(地下鉄谷町線 天満橋駅2番出口すぐ)
「船渡御」が行われる大川沿いにあり、 天神祭の雰囲気を十二分に味わいながら天神花火を楽しむことができます。

ホテルユーナス


大阪府大阪市都島区都島本通3-27-10(地下鉄・谷町線より約10分、都島駅①出口すぐ)
花火の打ち上げ会場から直線距離で1kmちょっとくらいの位置にあり、屋上で夜風にあたりながら花火を楽しむことができます♪大会当日は5,000円未満で楽しめるプランが用意されています。

大阪リバーサイドホテル


大阪府大阪市都島区中野町5-12-30(JR環状線 桜ノ宮駅西口より徒歩約2分)
「船渡御」のかがり火と花火による“火と光の競演”をウットリ堪能できちゃいます。
最上階のレストランでも花火を楽しむことができます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪


大阪市中央区城見2-2-22(JR大阪環状線 京橋駅より徒歩約5分)
ホテルのお部屋からバッチリ花火を堪能することができます。「天神祭の夕べ」(1人25,000円)などお部屋で特製松花堂弁当に舌鼓を打ちながら天神祭奉納花火を堪能できるプランもあります。

引用元 http://ajisailk.com/wp-content/uploads/2015/04/tenjinsai.jpg

引用元
http://ajisailk.com/wp-content/uploads/2015/04/tenjinsai.jpg




スポンサードリンク



天神祭の船渡御とは?天神祭の船渡御に参加する方法は?予約?値段?



船渡御(ふなとぎょ)とは一般に……
祭礼などでの神事の一つ。渡御の一種のようです。神体や神霊を船に乗せて川や海を渡し広い意味では、その船を送迎する神事も含むんだそうです……って説明してもやはり付け焼刃ではよくわかりませんが………TT
天神祭の船渡御とは陸渡御列が到着する少し前頃から、天神橋北詰付近の乗船場(第一、第二)は続々と弁当・飲み物が積み込まれといよいよ多くの人々が集まり船に乗り込み始まります^^そして辺りが暗くなり川の両岸には無数の篝火や提灯……そしてそれらに灯りが……いよいよ祭りの雰囲気が大いに盛り上がってくる……みたいです。陸渡御を終え船渡御に参加する講社が続々と船に乗り込み水上パレードがスタートです‼︎船渡御の航行が行われる大川では、何艘もの船同士が行き交う中、あちらこちらで「大阪締め」が交わされたり、賑やかに「だんじり囃子」が響き渡るそうです……大阪締め……三本締めみたいなものでしょうか?にぎやかそうですね^^そしていよいよ奉納花火が打ち上げられ、篝火と花火に照らされた大川の水面が幻想的な夏のお祭りを演出する……これが天神祭の船渡御です……こちらの方がわかりやすいですね^^……とにかく楽しいですね。これは……

毎年、船渡御の航行ルート沿いの川岸や通過する橋上では、約130万人のもの人々でごった返すようです。

そんな天神祭の見どころの一つである船渡御に参加することができます。頭上に打ち上げられる奉納花火や、大川を行き交う船どうしで賑やかに交わされる“大阪締め”など船渡御ならではの臨場感あふれる雰囲気に浸れます。



日程:7月25日
時間:17:00出航 20:45頃下船予定
料金:35,000円
うなぎ弁当、お飲物、講社の半纏、祝い箸、手ぬぐい付き

協同組合大阪府旅行業協会ホームページ




天神祭は屋台もたくさん出ますし、ギャルみこしなど見どころもいっぱい。大阪の夏の風物詩「天神祭」に行かれてみてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ