山王まつり(日枝神社大祭)の見どころは神幸祭と連合宮入‼︎山王まつり 2016の交通規制は?山王まつりの神幸祭・祭礼行列の順路・コースは?穴場は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 334

三社祭も終わり6月に入るといよいよ夏祭りのシーズンが到来します‼︎東京・赤坂の日枝神社で執り行われる「山王まつり」は6月15日の例祭を中心に6月7日から6月17日まで行われる祭礼の総称だそうです。山王まつり(さんのうまつり)とは、 東京都千代田区にある日枝神社の祭礼のことです。正式名称は「日枝神社大祭」と呼ばれ、神田まつりとともに天下祭の一つとされ、これに深川祭を加え江戸三大祭の一つともされるんだそうです。すごいですね〜さすが東京のお祭り………といった感じですね^^山王まつりは神田まつりと交互で毎年西暦偶数年に行われます。したがって2016年は日枝神社で「山王まつり」が……来年は神田明神で「神田まつり」が行われるということになります。江戸三大祭の筆頭に挙げられ、江戸時代「天下祭」の名で代に親しまれてきた伝統あるお祭です。そして今年は、氏子各町を祭礼行列が巡行する「神幸祭」が6月10日に執り行われます。なんだか急にいろいろ気になってきました^^………山王まつり‼︎そこで今回は赤坂・日枝神社で行われる山王まつりの「神幸祭」と「連合宮入」などについて調べてみました。

引用元 http://rekishi-roman.jp/maturi/img/maturi01/hie-rengou-mikosi-z.jpg

引用元
http://rekishi-roman.jp/maturi/img/maturi01/hie-rengou-mikosi-z.jpg




スポンサードリンク



山王まつりの見どころ‼︎……山王まつりの神幸祭とは?



山王まつり最大の盛儀で、優雅な格調高い御列は、都心に華麗な王朝絵巻を繰り広げます。 神威ひときわ輝く御鳳輦二基・宮神輿一基・山車三基が、王朝装束に威儀を正した総代役員や氏子青年に供奉されながら、氏子区域を巡幸します。 供奉員総勢約500人・御列は300メートルに及びます。


山王まつり 2016の神幸祭・祭礼行列の日程・スケジュールと順路・コースは?



山王まつり2016の神幸祭・祭礼行列の日程や行列の順路をご案内します。先回りして決定的瞬間を写真に収めるのもいいですよね^^

6月10日 午前7時30分~午後5時

赤坂・日枝神社→四ッ谷駅→日本テレビ通り→市ヶ谷駅→靖国神社→地下鉄半蔵門駅→英­国大使館付近→国立劇場→皇居前→東京駅→京橋→地下鉄宝町駅→八丁堀の鈴らん通り→­茅場町→日本橋日枝神社(摂社)→日本橋→京橋→銀座→新橋→銀座コリドー通り→日比­谷公園→内幸町→永田町→赤坂・日枝神社



現在の東京の中心でまるで江戸時代にタイムスリップしたような不思議な体験ができますよ。


引用元 http://sk-imedia.com/wp-content/uploads/2014/05/580x387xsanoumaturi-e1400911716471.jpg.pagespeed.ic.yaZdJmoys0.jpg

引用元
http://sk-imedia.com/wp-content/uploads/2014/05/580x387xsanoumaturi-e1400911716471.jpg.pagespeed.ic.yaZdJmoys0.jpg




スポンサードリンク



山王まつりの見どころ‼︎………連合宮入とは?



山王祭と言えば、連合宮入は外せません。清水谷公園を出発して、氏子の町会の山車3台と神輿9基が、52段の石段がある夕刻迫る日枝神社男坂を駆け上がって連合宮入します。2年に一度しかない、この担ぎ上がる時の迫力は必見です!

夕刻に清水谷公園を出発。弁慶橋を渡って外堀通りを練り歩き、山王センタービルの先の路地に入り、日比谷高校傍らの坂道をぐるっと回り込んで、神社正面の石段の前にたどりつき、一基ずつ石段を上がっていき順次宮入りします。


山王まつり2016の交通規制は?



山王祭は11日間あるので終日の通行止めなどはありませんが、神幸祭・祭礼行列の時には路肩は駐車禁止です。行列が道路を横切る時は一時通行止めになる時間もありますのでご注意ください。

皇居周辺で行われる唯一の祭、山王祭に出かけてみてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ