三社祭2016の日程変更⁉︎三社祭はやっぱり神輿‼︎三社祭でお神輿を担ぎたい‼︎三社祭でお神輿を担ぐ方法は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 445

東京の春のお祭りといえば、神田祭と三社祭‼︎
江戸っ子は黙ってられませんよね^^
血が騒ぎます……よね‼︎

江戸っ子が祭りと聞けば思い出すのは……浅草の三社祭ですよね。立派な神輿をみんなで声を合わせて担ぐ姿は、勇猛果敢で見ている方も力が入ります。刺青のある方もいたりいなかったり……そんなことはお構いなし‼︎やっぱり江戸っ子の血がさわぐみたいですね^^
そういえば去年の三社祭は「ドローン」騒動で注目を集めましたが、三社祭といえば、やっぱりお神輿……せっかくだったら三社祭でお神輿を担いでみたいところ……。ということで今回は三社祭のお神輿について調べてみました。

引用元 http://www.the-journal.jp/contents/inside/0508.jpg

引用元
http://www.the-journal.jp/contents/inside/0508.jpg




スポンサードリンク



三社祭の歴史やアクセス・駐車場・交通規制などに関する情報は

三社祭2016の日程は?三社祭とは……お神輿の祭典⁉︎三社祭の歴史とは?三社祭の高橋組とは?


三社祭2016の日程・時間・スケジュールや見どころなどに関する情報は

三社祭2016の見どころは⁉︎やっぱり神輿と宮出し‼︎三社祭の日程は?神輿は総勢何基?


三社祭の屋台や見物の注意点・口コミ情報などに関する情報は

三社祭2016の屋台は何時まで?刺青いっぱいの方も外国の方もみんなで三社祭を楽しむ注意点⁉︎三社祭の口コミ情報



をご閲覧願います。


三社祭とは?日程は変更⁉︎三社祭のお神輿は総勢何基?



三社祭は5月に行われる浅草神社の例大祭です。毎年、5月の第3金曜日から日曜日まで行われるのですが、今年は伊勢志摩サミットの影響で1週早く、5月の13日から15日に開催されます。浅草神社の3基の神輿のほか、氏子たちの神輿100基あまりが一堂に集まる姿は圧巻です。毎年150万人以上の見物客が来て、最近では外国人観光客も多く見られます。


三社祭のお神輿を徹底追跡‼︎三社祭のスケジュール


三社祭といえばお神輿‼︎………ということでスケジュールをチェックしてお神輿を徹底追跡してくださいね。



5/12(木) 7:00 本社神輿神霊入れの儀

5/13(金) 13:00 大行列 ※雨天中止
14:20 びんざさら舞奉納(社殿)
15:00 びんざさら舞奉納(神楽殿)
15:30 各町神輿神霊入れの儀

5/14(土) 10:00 例大祭式典
12:00 町内神輿連合渡御
14:00 奉納舞踊(神楽殿)
15:00 巫女舞奉奏(神楽殿)

5/15(日) 6:00 宮出し 本社神輿各町渡御  宮入り
14:00 巫女舞奉奏(神楽殿)
15:00 奉納舞踊(神楽殿)
16:00 太鼓奉演(境内)
11:00~18:00 雷門通りから馬道通りにてお祭り広場を開催 ※交通規制有り
宮入り後 本社神輿御霊返しの儀




と、なっています。一番の見どころはやはり13日の大行列、14日の町内神輿連合渡御、15日のお祭り広場ですね。

浅草神社の3基、そして各町内の100基の神輿が集結するお祭り広場の光景は圧巻です。神輿の重さは1t。担ぎ手は100名 ×100基以上。そりゃあ大混乱になりますよね。息が合わなくてよたよたする神輿もあってあまり近くで見学すると人に押しつぶされますので注意が必要です。

引用元 http://evenavi.net/wp-content/uploads/2016/03/misha-1.jpg

引用元
http://evenavi.net/wp-content/uploads/2016/03/misha-1.jpg




スポンサードリンク



三社祭で神輿を担ぎたい‼︎……神輿を担ぐ方法は?



一般的におみこしを担ぐにはその町内に住んでいる人とかに限られるのですが、一般の人も祭りの楽しさを味わってもらいたいと担ぎ手の募集をしているところもあります。ずっと担ぎっぱなしではなく、交代しながらになりますので神輿担ぎを経験してみたいという方は、申し込んでみられてはいかがでしょう?
(神輿愛好会:http://www.nippori.net/menu10.htm

ただし、暴力団のみなさまの会もありますので注意が必要です。それと三社祭だけというのもあまり歓迎されません。関東周辺の祭に参加できる環境の方でないと難しいと思います。

ちょっとだけ担いでみたいと思われる方は、その地区の人に頼んでみるのが一番手っ取り早いです。お友達のお友達とかツテを探してみましょう。
神輿に乗ってみたいと思っても神輿に乗ることは禁止されています。それでも乗る人が絶えなかったため、一時期祭りが中止になったこともあり、現在は神輿に絶対乗れないようになっています。神輿は神の乗り物。本当は上から見下ろすのもダメなんですよ。

日本人の血が騒ぐ、大迫力の三社祭に行ってその熱気を直に感じてみませんか?

引用元 http://wadaphoto.jp/images2/ssanja.jpg

引用元
http://wadaphoto.jp/images2/ssanja.jpg



スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ