日高火防祭(奥州市)とは・歴史は?日高火防祭2016の見どころは?日高火防祭2016の日程と会場の地図

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 439

日高火防(ひかぶせ)祭は、岩手県奥州市で実施される火防祈願のお祭りです。豪華絢爛なお祭りで、例年多くの観光客で賑わいます。日高火防祭について、その概要や歴史、アクセス方法、日程、見どころなどをご紹介します。

引用元 http://www.onitoge.org/ryokou/2003sakura/20030429193257.jpg

引用元
http://www.onitoge.org/ryokou/2003sakura/20030429193257.jpg



スポンサードリンク



日高火防祭2016(奥州市)のスケジュールや臨時・無料駐車場情報などに関する情報は

日高火防祭2016(奥州市)のスケージュールは?日高火防祭の近隣の臨時駐車場・無料駐車場・有料駐車場の相場は??


をご閲覧願います。


日高火防祭とは・歴史は?



日高火防祭は、岩手県奥州市水沢区で、毎年4月29日(前夜祭は28日)に行われる、火防祈願のお祭りです。「古趣豊かな音曲と、雅なはやし屋台、豪華絢爛な一大絵巻」のフレーズどおり、金や朱、緑の柱で組まれ、ぼんぼりや造花で華やかに装飾された、9町組のはやし屋台が、横笛、小太鼓、三味線で独特の音曲を奏でながら練り歩きます。

打ちばやしと屋台ばやしの奏でる格調高い音曲は、岩手県の無形民俗文化財に指定されています。日高火防祭は、300年を超える歴史を持ちます。旧藩時代、水沢城主の伊達宗景公が、仙台伊達公の命で、江戸に居た時、江戸の華といわれる火事が多いことに驚き、火災の恐ろしさを肝に銘じ、水沢の地に帰ると、火防の対策を講じました。

不測不慮の罹災を、神仏の加護によって未然に防止しようとし、日高妙見社の「日」は「火」に、瑞山神社の「瑞」は「水」に通ずるとして、両社に祈願し始められたのが、この祭であるとされています。

また、村景公の時代に、享保20年の水沢の大火の後、佐々木佐五平が江戸に派遣され江戸火消しを習い、民間消防隊を創始したといわれており、その町火消組の記念行事が火防祭の発祥との説もあるようです。




日高火防祭の会場までのアクセス・基本情報(問い合わせ先・ホームページなど)



日高火防祭の会場までのアクセスや問い合わせ先などをご紹介します。



◇開催地:奥州市水沢区市街地(日高神社~水沢駅前の一帯)
◇アクセス:【JR】JR東北本線水沢駅から徒歩約15分,JR東北新幹線水沢江刺駅から車約10分
     【車】東北自動車道 水沢ICから約10分
◇問合せ:奥州市商工観光部商業観光課
◇TEL:0197-24-2111
◇FAX:0197-24-1991
◇ホームページ:http://www.city.oshu.iwate.jp/kanko/view.rbz?nd=393&ik=1&pnp=392&pnp=393&cd=1497
◇パンフレット:http://tohoku-travel.com/book/BUP7CN3U5Y_41/book.html#






スポンサードリンク



日高火防祭の会場近隣の地図は?



日高火防祭は、格調高い独特の音曲を奏でながら、豪華絢爛なはやし屋台が、奥州市水沢区の市街地を練り歩く祭です。会場周辺の地図をご紹介します。

また、パンフレットには、地図に各行事の時間も載っていますので、参考にして下さいね。



◇会場:奥州市水沢区市街地(日高神社~水沢駅前の一帯)
◇地図:https://goo.gl/maps/wsbNPEqZkTk
◇パンフレット:http://tohoku-travel.com/book/BUP7CN3U5Y_41/book.html#




日高火防祭の開催日程は?



日高火防祭はいつ開催されるのでしょうか?
本祭は、毎年、4月29日に開催されます。
前夜祭は、前日の4月28日に開催され、厄年連創作演舞披露などが行われます。

◇開催期間:【前夜祭】2016年4月28日(木)16:30~20:50
【本祭】2016年4月29日(金・祝)13:15~20:30




日高火防祭2016の見どころは?



「古趣豊かな音曲と、雅なはやし屋台、豪華絢爛な一大絵巻」を繰り広げる、華やかなお祭り、日高火防祭。その見どころは、やはり29日の夜18時55分から行われる「揃い打ち」、そして19時45分から行われる「相打ち」です。

水沢駅前交番付近に、はやし屋台9台が集まり、ぼんぼりの灯りの中、各屋台が競っておはやしを披露する「揃い打ち」が行われます。その後、メイプル前交差点に移り、互いの町組に仁義礼を尽くした「相打ち」が行われます。この約2時間が、日高火防祭のクライマックスですので、絶対に見逃せませんね。


300年以上の歴史を有し、毎年4月29日に、岩手県奥州市水沢地区の市街地で行われる、日高火防祭。火防祈願のお祭りですが、格調高い独特の音曲を奏でるおはやし、そして豪華絢爛な屋台が練り歩く、見て聞いて心も華やぐ楽しいお祭りです。

屋台で小太鼓をたたく「お人形さん」とよばれる子どもたちもとてもかわいいですよね。日高火防祭を見に行った方のレビューによると、桜も満開できれいだったそうですよ。今年も見頃だといいですね!




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ