御柱祭2016の諏訪大社周辺の温泉は?おすすめのお宿。御柱祭の死亡事故は?死人は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 511

7年に一度の天下の大祭………御柱祭‼︎

せっかく諏訪神社の御柱祭に行くのなら泊りがけで行きたい……
と思うのは私だけでしょうか⁉︎
7年位1度の大祭なんですから……すこしくらい贅沢しても……
いいかしら……なんて
思ってみたりしてしまいます^^

諏訪大社の近くは、温泉も多く泊りがけでも
楽しめるスポットの多い場所です。
温泉付きのホテルなどの宿泊施設も多く
どうせ行くなら信州を楽しみ切りたいものです。

大祭のあとの興奮冷めやらぬ状態のまま
帰るなんてもったいないです。


ということで今回は諏訪大社で行われる「御柱祭」の
周辺の宿泊施設・温泉などんついて調べてみました。


スポンサードリンク



御柱祭2016の歴史や日程・見どころなどに関する情報は

御柱祭2016(諏訪大社)とは?上社・下社の日程は?御柱祭の歴史・事故は?


御柱祭2016の有料観覧席の抽選やツアーなどに関する情報は

御柱祭2016(諏訪大社)を観覧するには?有料観覧席は?ツアーは?観覧席の再販は2月下旬⁉︎


御柱祭2016のおすすめお土産や諏訪大社周辺のご当地グルメなどに関する情報は

御柱祭2016はツアーでなくても大丈夫‼︎おすすめご当地グルメ・温泉・お土産でバッチリ‼︎



をご閲覧願います。


御柱祭の開催される諏訪大社の周辺のお宿・宿泊施設



それではまずは、御柱祭が行われる諏訪大社の周辺の
おすすめお宿・宿泊施設をご紹介します^^

●RAKO 華乃井ホテル


上諏訪温泉に諏訪の地酒を混入した名物風呂「地酒の湯」があります。温泉に含まれるメタケイ酸と、地酒に含まれるアミノ酸が血行を促進し、体内の老廃物を排除しお肌もツルツル、もちもちになります。また、その湯に浸かるとほんのり地酒が香り、五感を楽しませてくれます。
他に、露店風呂・貸切風呂・黒曜石の湯・温石の湯・ゼロ磁場の湯・薬草風呂など個性豊かな温泉が多くあり、同じ館内で温泉巡りができます。
プールやエステなどの館内施設も充実したお宿です。

引用元 http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/photos/BGoy377_03.jpg

引用元
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/photos/BGoy377_03.jpg



●浜の湯


四季折々の懐石料理と、諏訪湖のほとりで過ごす上諏訪温泉の宿です。観光客でにぎわう諏訪湖のほとりですが、静かにたたずむ現代数奇屋造りの和風空間です。上層階からは諏訪湖を眼下に、遠くは槍ヶ岳、穂高岳など北アルプスをはじめとする信州の雄大な自然を満喫できます

●聴泉閣かめや


江戸時代より二十九次目、中山道下諏訪宿の本陣宿として、長い歴史に培われた名湯の宿です。江戸時代は控除和宮や参勤交代の諸大名の寝所、明治初期に旅館として営業を開始後は、芥川龍之介、与謝野鉄幹、晶子、島崎藤村ら諸文豪が宿泊した歴史ある旅館です。
2013年11月 館内をリフレッシュしています。

引用元 http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y5/Y373525/Y373525005.jpg

引用元
http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y5/Y373525/Y373525005.jpg




スポンサードリンク



●神乃湯


諏訪大社の裏山一番奥にある温泉宿です。源泉は、冷泉でお風呂はこじんまりしていて6人でいっぱいになるくらいです。冷泉は夏場でもかなり冷たいですが、慣れるとだんだん内側からボカボカしてきます。冷泉は飲用もでき、レモン風味の飲み口と後から来るえぐみが病みつきになります。
また、胃腸に効きそうなヘルシーな山菜中心の食事もあり、毒素が抜けて浄化されて行きそうです。

●上諏訪温泉 しんゆ


諏訪大社のある場所は、関東から九州まで縦断する大断層上にあります。この断層上には神社仏閣や古代遺跡がそろっていて、世界でも特有の気場である、と考えられています。つまり、効果の期待できるパワースポットなのです。
そんなパワーのあふれれる諏訪湖の東側にある温泉宿で、さらにヒーリングアーティストの力を持って「女性に最高の美と癒しをもたらすホテル」として随所に工夫がみられます。

御柱祭の開催される諏訪大社の事故は?………危険⁉︎



実際に見なくても御柱祭の氏子になる人の危険性は理解できると思います。
やはり、1980年、1986年、1992年、2010年に死亡事故が起きています。

2010年5月8日に、下社春宮の建御柱の最中
御柱に乗っていた氏子の男性3人が落下し2人が死亡、2人が負傷しました。

ワイヤーの問題などがあったようで、警察も捜査したようです。
ただ、御柱祭は神事であり、対処についてはあいまいな部分も多いようです。


御柱祭の開催される諏訪大社は日本最大級のパワースポット



諏訪という土地は、自然に恵まれているだけでなく
不思議な神秘的パワーが集まった場所です。
諏訪湖の源泉として流れているのが、天河です。

天河には、日本三大弁才天があり
諏訪大社と同様に弁財天が化身したとされる竜神様を祀っています。
諏訪大社・分抗峠・豊川稲荷・伊勢神宮・天河・高野山は
約8000万年前に出来た、関東から九州まで
縦断する大断層上でつながっているのです。

断層で地層がぶつかり合っていることから
地球のエネルギーが凝縮しており
諏訪近隣の分抗峠はゼロ磁場地帯で
「世界でも特有の気場で、奇跡を起こす場所である」と
中国政府公認の気の研究団体「元亟学」の創始者で
著名な気功師も証明しています。

そんな諏訪の土地で開催される神事
やはり相応なパワーがもらえそうな気がしてなりません。
一生に一度は体感してみたい祭りです。




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ