信玄公祭り2016のゲストに行ったら信玄餅‼︎おすすめのお土産・ご当地グルメは?温泉は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 83

山梨県の春の代表的なお祭りといえば信玄公祭り‼︎
今年の信玄公祭りのゲストは陣内孝則さんとのこと……
信玄公祭りは、大小様々なイベントが盛りだくさんなお祭りです^^

信玄公祭りのメインはもちろん「甲州軍団出陣」ですが
それ以外にも「賑わい城下町」など各出店や
「スーパー風林火山パフォーマンスコンテスト」などのステーイベント
協賛セールなどの様々な楽しみ方があります。

また、せっかく山梨県を訪れるのであれば
信玄公祭りだけと楽しむのでは………もったいない‼︎………ですよね。

どうせならば、武田信玄ゆかりの地を巡ったり
山梨の温泉やグルメを堪能したり……楽しみ方はまだまだたくさんあります。

ということで今回は
信玄公祭りに行ったら是非買って変えていただきたいおすすめのお土産
信玄公祭りの会場からも行ける美味しいご当地グルメのお店
信玄公祭りの会場からも行けるおすすめの温泉など

について調べてみました^^


スポンサードリンク



信玄公祭り2016の歴史や日程などに関する情報は

信玄祭り2016の日程は?信玄祭りの歴史・会場へのアクセス方法・駐車場事情と日程


信玄公祭り2016のイベントスケジュールや駐車場・交通規制などに関する情報は

信玄祭り2016の湖衣姫コンテストは?イベントスケジュール。交通規制や駐車場は?屋台は?


信玄公祭り2016のゲストや口コミ情報などに関する情報は

信玄祭り2016のゲストは?信玄役は?雨天の場合は中止⁉︎出陣のコースは?口コミ・体験談



をご閲覧願います。


信玄公祭りに行ったらの是非買って欲しいおすすめのおみやげ



それでは、まずは信玄公祭りに行ったらの是非買って欲しい
おすすめのお土産からご紹介します‼︎

武将グッズ(信玄館)


武将武田信玄のグッズが多数用意されています。Tシャツ、キーホルダーは人気商品です。黒を基調とし、男性へもプレゼントしやすいアイテムで、年代問わず人気があります。

自家製ほうとう(信玄館)


ほうとうは、甲州の郷土料理です。信玄館では、自社工場にて作り立てを用意してくれています。いつでも購入することができます。リピーターも多く、スタッフ間でも人気の商品です。

引用元 https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/2897/2897025.jpg

引用元
https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/2897/2897025.jpg



甲斐福餅(信玄館)


甲斐福餅は、香りのよい上質な餡で柔らかくお餅をくるんだ、信玄館オリジナルの自家製お菓子です。定番人気は小豆あん、季節によって梅あん(1~3月)、栗あん(10~12月)があります。信玄館の人気商品です。

引用元 http://www.ykj.or.jp/shingen/images/okashi/kai.jpg

引用元
http://www.ykj.or.jp/shingen/images/okashi/kai.jpg



葡萄酒(まるき葡萄酒など)


山梨は日本有数のワインの産地です。長い歴史をもち、こだわりぬいたワインを作り上げる醸造メーカーも多くありあります。
中でも「まるき酒造」は、減農薬農法、専用酵母での醸し、低温発酵、フランスDAMY社のオーク樽での熟成など一切の妥協を許さない日本ワインのハイブランドとして日本全国にも名を馳せています。地球環境にも優しく、またそれを継続していくワイン造りが「まるき葡萄酒」のフィソロフィです。

金精軒のお菓子


明治35年より本物の和菓子を丹精込めて作り続け、ブランドになりながらも、笑顔になれる和菓子造りを目指して今でも進化している和菓子店です。
やはり信玄公祭にきたなら「信玄餅」です。出陣の際、非常食料として欠かせなかった切り餅にちなんで調味したものです。それをヒントに信玄餅が生まれ、現在のデザインとなり広がりました。黒蜜ときなこをたっぷりまぶして食べる信玄餅は、いつまでも飽きの来ない美味しさです。
極上生信玄餅は、地元産の米100%で口に入れると米の甘みがしっかりと残っています。餅にきなこと黒蜜をかけて食べる風習は、その昔富士川を渡り駿河の国から伝わったあべかわもちが元祖だそうです。ひと箱ぺろりと食べられますが、消費期限が3日なので早めにお土産を渡せる場合に良いですね。
ちなみに、こちら金精軒さんでは水信玄餅もおすすめです……ところがこちらの水信玄餅は期間などが限定でお土産も難しそうですTTこの時期は無理かもしれませんが、またの機会に是非‼︎

金精軒さんのホームページ

引用元 http://kinseiken.co.jp/wp/wp-content/uploads/RIMG0063-280x210.jpg

引用元
http://kinseiken.co.jp/wp/wp-content/uploads/RIMG0063-280×210.jpg




スポンサードリンク



信玄公祭りの当地グルメ‼︎……信玄グルメ横丁もおすすめです‼︎



信玄公祭りの期間中「信玄グルメ横丁」が開催されます。
B級ご当地グルメが大集結します。山梨の郷土色はもちろん、全国の郷土食を堪能してください。



小作甲府駅前店



信玄公祭から徒歩4分
ほうとうで有名な郷土料理店です。支店が多く、各店舗により味が違うといいます。人気メニューは醤油ベースの暖かいつゆに冷たい麺をつけて食べる「おざら」です。ほかにも「かぼちゃほうとう」等の定番から、冬季限定の「牡蠣ほうとう」、クマ肉、すっぽん、ぜんざいのような「あずきほうとう」など豊富なメニューがそろいます。


ういち 甲府



信玄公祭から徒歩6分
甲府は鰻屋が多く、美味しい店がたくさんあります。なんといっても甲府駅に近く、値段もお手頃でウナギ料理が手軽に楽しめるお店です。うな丼やうな重ではなく、お酒のつまみにウナギづくしというのが斬新でうれしい所です。


フォーハーツカフェ



信玄公祭から徒歩5分
山梨産の地ビール、ワイン、無農薬有機野菜など地元周辺の食材から国内外の美味しいものが楽しめます。山梨県産のワインを楽しむときは、何種類かを試飲させてくれます。


信玄公祭りの会場からも行けるおすすめの温泉



それでは、最後に信玄公祭りに行ったらの是非立ち寄ってほしい
おすすめの温泉ご紹介します‼︎

古湯坊源泉貫


源泉館は、自噴かけ流しの「武田信玄かくし湯大岩風呂」を有する温泉旅館です。その歴史は古く、温泉はなんと1300年前の奈良時代の中期から、宿屋としては江戸時代からで約250年も前から続いています。昔から効能顕著な温泉として多くの人々に親しまれ、湯治・療養に利用され続けています。

かがみゆ


ゆっくりのんびりお風呂に入れます。露天風呂の眺めは最高です。七面参、見延山参拝の受け入れもあります。田舎の親戚に来たような、普段着のお出迎えをしてくれます。

引用元 http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/stay/images/dsc06707.jpg

引用元
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/stay/images/dsc06707.jpg



川浦温泉 山県館


甲州の名川、笛吹川の上流にひっそりとたたずむ川浦温泉。信玄公の命により、温泉が開発された川浦温泉にはじまり、武田24将の一人、山縣三郎兵衛尉昌景の子孫が経営する、永禄4年創業の老舗湯宿です。2本の源泉から引いて湯量毎分1300リットルをほこる、100%源泉かけ流しのアルカリ性単純温泉です。

引用元 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-75-29/takebo271010/folder/1083934/72/33381972/img_0

引用元
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-75-29/takebo271010/folder/1083934/72/33381972/img_0



若神桜


世界一級の大地裂帯「フォッサマグナ」を北北東に走る塩川断裂温泉隊・北西に走る須玉断裂温泉隊が交差する海南下150mの基盤深部において、悠々な時の流れのなかで涵養され、育まれてきた温泉です。湧出している源泉は、健康に最適な中温泉、ナトリウム炭酸水素塩、塩化物泉であり、湧出量一日1080トンは日本最高級の豊かな自噴量を有する理想的温泉です。


武田家ゆかりの地を巡る……風林火山史跡めぐり


信玄公祭りに合わせて、風林火山史跡めぐりがあります。風コース(甲府エリア)、林コース(甲州エリア)、火コース(韮崎・北杜エリア)、山コース(東部・富士五湖エリア)と分かれていて、各コースゆかりの寺院や歴史に残る建造物を訪ねるものです。
歴史の表舞台に立ったことがありそのため寺院などの観光スポットも多く、また歴史上のその人たちのおかげでグルメや温泉などが発展している、面白い山梨を信玄公祭りと共に堪能してください


スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ