深大寺・だるま市(東京・調布市)2016でだるまを買うには?お値段は?値切った方がご利益がある⁉︎混雑は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 430

3月3日と4日に、調布の深大寺でだるま市が行われます。
深大寺の最大のイベントで厄除・開運・祈願成就などのご利益のある深大寺だるま市なのですが……
ということは、やっぱり混雑は必至ですよねTT

どれぐらい混雑するのでしょうか……気になりますね。また
深大寺・だるま市(東京・調布市)で売られている「だるま」のお値段は
いくらくらいなんですかね……気になります。

ということで今回は
深大寺・だるま市(東京・調布市)の
混雑状況やだるまのお値段から深大寺・だるま市(東京・調布市)に行かれた方の口コミなど
について調べてみました。

引用元 http://chapunkun.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1a8/chapunkun/IMG_0369.jpg?c=a1

引用元
http://chapunkun.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1a8/chapunkun/IMG_0369.jpg?c=a1




スポンサードリンク



深大寺・だるま市(東京・調布市)の歴史・日程やアクセス方法などに関する情報は

深大寺・だるま市(東京・調布市)2016の歴史とは?日程・行事スケジュールは?アクセス方法は?


深大寺・だるま市(東京・調布市)のだるまの開眼・眼入れや駐車場事情などに関する情報は

深大寺・だるま市(東京・調布市)2016のだるま開眼・眼入れとは?駐車場は?


深大寺・だるま市(東京・調布市)のご当地グルメやおみやげなどに関する情報は

深大寺・だるま市(東京・調布市)の混雑はおすすめ寄り道スポットで回避⁉︎ご当地グルメは?おみやげは?



をご閲覧願います。


深大寺・だるま市(東京・調布市)の混雑具合は?



縁起物のだるまは
古来より広く親しまれ全国各地でだるま市が開催されています。
その中でも、深大寺のだるま市は、群馬高崎、静岡富士市とともに
「日本の三大だるま市」の1つに数えられるほど知名度の高いお祭りです。
「厄除元大師大祭」というのが本来の祭名ですが
地元市民からは「だるまさん」の愛称で親しまれています。
大小約300余りの縁起だるま店や屋台が並び
10万人もの参拝者で大変な賑わいを見せています。

これは結構混雑しそうですね……TT
特に、だるまの開眼・眼入れの時間などは大変混み合うのでしょうか……




スポンサードリンク



深大寺・だるま市(東京・調布市)のだるまの値段は?値切った方がご利益がある⁉︎



売られているいるだるまは大小さまざまあり
1000円ぐらいから1万円ぐらいの物まであります。
購入すると深大寺の僧侶によって開眼していただけます。
左目に阿の字を入れ、1年後心願叶った時に右目に吽の字を書き入れて
感謝の意を込めてお寺に納めます。
「阿吽の呼吸」の語源になった阿吽の文字を入れるのは深大寺独特の物です。
値段もお手ごろな1000円くらいから
大きなものだと1万円以上のものまで色々あります。
自分の顔に似ただるまを購入すると1年幸せになれると言われてますので
お店を1軒1軒のぞいて探してみましょう。
また値切れば値切るほど福が来るとも言われていますので頑張って値切っちゃいましょう。

3月3日・4日両日とも14時から
『お練り行列』と『元三大師御影供(がんざんだいしえみく)』が行われます。
深大寺だるま市のクライマックスでこの時間帯が一番混雑します。
しかしお練り行列は神楽に合わせて木遣り唄を唄いながら
そろいのはっぴを着た雅楽衆、木遣衆、真っ赤な法衣に身を包んだ高僧たちが
しずしずと行列し、その姿はまるで平安絵巻のようなのでぜひとも観てほしいです。

これも混雑必至ですかねTT


深大寺・だるま市(東京・調布市)に行かれた方の口コミ情報



以外に混雑していそうな深大寺・だるま市(東京・調布市)ですが
ここで、実際に行かれた方の口コミ情報を調べてみましたので
ご紹介いたします^^

“日本3大だるま市として、深大寺で3月の上旬、春を迎える祭りとして、毎年開かれます。3大とはいえ、比較的こじんまりとしたお祭りですが、風情があり、東京でこのようなローカルな雰囲気にひたれるのはうれしい気がします。調布駅からバスがあります。”

“三鷹からバスに乗って深大寺のだるま市に行ってきました。毎年の恒例行事です。
境内いっぱいに、だるま売りや露店がたくさん出店してお祭りの雰囲気いっぱいです。だるまは5cmくらいの小さいのから1m以上ある巨大なものまで売られています。店によって顔や胴体の形や模様なんかが微妙に違っていて面白いです。うちは10cmくらいのを購入。お坊さんが深大寺独特の梵字でだるまに目をいれてくれます。本堂わきでできますが、はずれにある水神堂(こっちのほうがすいている)でもできます。“

(参考http://4travel.jp/domestic/area/kanto/tokyo/tama/chofu/event/11332150-tips/




春の風物詩、深大寺のだるま市に行って、開運・招福をお願いしましょう。


スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ