西大寺会陽2016(はだか祭り)に参加して福男に‼︎西大寺会陽とは?参加方法は?アクセスは?三大裸祭り

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 719

西大寺会陽は、日本三大奇祭のひとつといわれています。

会陽とは、「陽(春)に会う」という意味で

正月の法会である修正会の結願として行われる行事で

参加者は水垢離を取り、裸で宝木を奪い合います。

引用元 http://www.okayama-kanko.net/up_load_files/freetext/info_special/24/img/1_img_4.jpg

引用元
http://www.okayama-kanko.net/up_load_files/freetext/info_special/24/img/1_img_4.jpg



宝木を獲るために、9千人超もの男たちが裸でぶつかり合う激しさは圧巻です。

2016年は2月20日(土)に開催されます。

観るのもいいですが、男性の方なら

一度はぜひ福男目指して参加してみてはいかがでしょうか?

そこで、西大寺会陽について、いろいろと気になる情報を調べてみました^^


西大寺会陽(はだか祭り)の日程・観覧席・混雑具合などに関する情報は

西大寺会陽2016(はだか祭り)の見どころは冬花火⁉︎観覧席の値段は?混雑状況は?やっぱり宝木投下⁉︎


西大寺会陽(はだか祭り)のツアー・口コミ情報などに関する情報は

西大寺会陽2016(はだか祭り)ツアーで観覧‼︎冬花火も⁉︎おすすめのホテル・宿泊施設は?口コミ評判も‼︎


西大寺会陽(はだか祭り)のおすすめのおみやげやご当地グルメなどに関する情報は

西大寺会陽2016(はだか祭り)にいったらご当地グルメと観光も‼︎おすすめの津山ホルモンは?岡山後楽園



をご閲覧願います。


西大寺会陽とは?その歴史は?



西大寺会陽とは、岡山県岡山市東区にある西大寺という

高野山真言宗別格本山の寺院において

毎年2月の第3土曜日に行われている裸祭りです。

午後10時、本堂御福窓から住職が投下する2本の宝木を獲ろうと

裸衆たちの激しい争奪戦が繰り広げられます。この戦いを制し

宝木を手に入れた者は、福男と呼ばれ、福が得られるといわれています。

西大寺会陽の始まりは、今から500年以上前に遡ります。

1510年、修正会の結願の日に、参詣者に護符を配ったところ

この護符にご利益があると評判になり、人々が殺到したため

やむなく参詣者の頭上に投げ与えたことに始まったとされています。

護符は紙から木になり、かつては「真木」と呼ばれていましたが

現在は、「宝木(しんぎ)」と呼ばれるようになりました。




スポンサードリンク



三大裸祭りとは?



日本三大裸祭りについては諸説あるようですが

装束をまとわず「裸」で参加する三大裸祭りとしては

今回ご紹介している岡山県の「西大寺会陽」と、岩手県の「黒石寺蘇民祭」

大阪府の「四天王寺どやどや」で、日本三大奇祭ともいわれています。

黒石寺蘇民祭


黒石寺で、毎年旧暦の1月7日の夜から翌早暁にかけて開催されます。

「裸の男と炎のまつり」といわれ

水垢離と火の粉で身を清め、厄払いや五穀豊穣を祈願し

夜を徹して繰り広げられます。

明け方から始まる蘇民袋の争奪戦でクライマックスを迎えます。

開催日時:2016年2月14日(日)夜10時~翌早暁(7時頃)まで



四天王寺どやどや


四天王寺では、元旦から、天下泰平・五穀豊饒祈願の修正会が営まれ

14日の結願の日に、お堂の縁の天井から、牛王宝印という魔除けの護符が撒かれます。

それを奪い合うのが「どやどや」です。

赤と白に色分けした鉢巻と褌姿の若者たちが

東西から六時堂前の拝殿に押し寄せ、東の赤と白、西の赤と白

4チームの代表者が背中合わせになって

全員で左右から押し合い揉み合いし、最後に押し切ったチームが勝利となります。

この勝負がつくと、六時堂前に篝火が灯され

魔除けの護符が投げ入れられ、争奪戦が繰り広げられます。

・開催日時:2016年1月14日(木)14時30分~15時30分頃




西大寺会陽〜会場までのアクセスは?



西大寺会陽の会場となる、西大寺観音院までのアクセスをご紹介します。

◇車の場合


・(大阪方面から)山陽自動車道 山陽ICから、約30分

・(広島・四国方面から)山陽自動車道 早島ICから、国道2号バイパス経由で約30分

◇JRの場合


・赤穂線 西大寺駅から、徒歩約10分

◇バスの場合


・当日、岡山駅前、天満屋バスセンターから、会場近くまでの臨時便があります。

【問合せ】両備バス西大寺営業所:086-943-3833


西大寺会陽の会場近隣の地図



西大寺会陽の会場となる、西大寺観音院の近隣地図です。

◇地図


https://goo.gl/maps/xVYNY8PfzNT2



・住所:〒704-8116 岡山市東区西大寺中3-8-8

・TEL:086-942-2058

・ホームページ:http://www.saidaiji.jp/website/




なお、観覧には予約が必要です。

お問合せは、西大寺会陽奉賛会事務局(岡山商工会議所西大寺支所内)までお願いします。



・TEL:086-942-0101

・e-mail:saidaijieyo@gmail.com

・インターネット予約:http://www.okayama-cci.or.jp/saidaijieyo_ticket.html




西大寺会陽に参加するには?注意点は?



西大寺会陽に参加するためには、事前に参加申し込みが必要です。

中学生以上の男性なら参加可能ですが、危険が伴いますので

健康や体力に自信のある方のみご参加下さい。

なお、健康な小学生の男子は、少年はだか祭りにご参加いただけます。

◇西大寺会陽参加申込




西大寺会陽奉賛会事務局(岡山商工会議所西大寺支所内)

・参加申し込み:http://www.okayama-cci.or.jp/activation/saidaijieyou/join.html

・TEL:086-942-0101

・e-mail:saidaijieyo@gmail.com




参加にあたり

事前に、「氏名・住所・緊急連絡先のTEL・着替え場所&TEL・血液型」を

記入した名札を各自用意して、当日、まわしの腹部につけて下さい。

宝木を獲得する福男は

グループを作って相当の鍛錬を積んだ上で会陽に参加しており

争奪戦は相当熾烈で危険だと聞きます。

万が一、ケガや死亡事故等が発生しても

主催者である西大寺会陽奉賛会、西大寺観音院は責任を負わないため

自分の身は自分で守る、自己責任での参加となります。

本堂大床上の裸の渦の中では、両手を上げる

肩を組まない、転倒時腹這いになる、等の護身術を身につけて参加してください。

西大寺会陽で、自分の身を守るための心得の動画がありますので、ご紹介します。

「西大寺会陽で、自分の身を守るための心得」




スポンサードリンク



また、西大寺会陽は500年以上の伝統を持つ神聖な行事であり

裸参加者には次のとおり禁止事項が設けられています。

ルールを守って参加して下さいね。

◇禁止事項




1.飲酒しての参加は非常に危険ですので、禁止されています。判明すれば、入場前に排除されます。

2.刺青をした人や、足袋での参加は禁止されています。入場前のチェックで判明すれば排除されます。

(刺青を布やテープ、化粧等で隠しての参加も禁止されています。また、刺青をした人が宝木を取得しても、宝木は没収となります。)

3.会場での暴力、ケンカは禁止されています。

4.メガネやネックレス・ピアス等の貴金属の着用は禁止されています。

(一時預かりはありませんので、事前に外して入場して下さい。)

5.境内の外での宝木争奪は禁止されています。

(境内外での争奪で宝木を取得しても、福男にはなれません。)

6.午後9時以降は、境内での鉢巻、法被、提灯、のぼり等の使用は禁止されています。





スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ