小樽雪あかりの路2016のおすすめデートスポットは?各会場の特徴・イルミネーションは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 840

今年の冬は小樽雪あかりの路で

手作りのキャンドルに囲まれて幻想的な時間を過ごしてはいかがでしょうか^^

小樽の2月のおすすめデートスポットとして真っ先ににあげられる………

それが「小樽雪あかりの路」‼︎

真冬の小樽の街並みが13万本のろうそくで彩られる幻想的なイベントです。

素朴なキャンドルのともしびが

小樽の古い街並みを優しく照らします。

すべてがボランティアによる手作業であることも特徴です。


スポンサードリンク



小樽雪あかりの路のアクセス・駐車場などに関する情報は

小樽雪あかりの路で素敵な出会い・デートを‼︎アクセス・駐車場は?小樽雪あかりの路とは?


小樽雪あかりの路の口コミ情報や周辺の温泉・グルメなどに関する情報は

小樽雪あかりの路2016で素敵な大人旅を‼︎温泉やご当地グルメも満喫‼︎口コミ情報は?


小樽雪あかりの路のツアーやおみやげなどに関する情報は

小樽雪あかりの路へツアーで行ってみたら⁉︎おみやげやおすすめのホテルで素敵な北海道旅行を‼︎



をご閲覧願います。


小樽雪あかりの路から……お勧めデートスポット



デートで小樽雪あかりの路に訪れたら……

冬の小樽を満喫したいですよね^^

小樽雪あかりの路はもちろんですが………

小樽にはそのほかにも素敵なスイーツやまだまだ

素敵なデートスポットや美味しいお食事が食べられるお店が

ありますよ‼︎

ということでおすすめのデートスポットを調べてみました。

小樽雪あかりの路


2016年は2月5日(金)~14日(日)の開催です。

小樽市内各所にスノーキャンドルが灯され

歴史的建造物などを一風変わって見ることができます。

引用元 http://www.jtrip.co.jp/j-hokkaido/img/jwalker/05/header-img.jpg

引用元
http://www.jtrip.co.jp/j-hokkaido/img/jwalker/05/header-img.jpg



小樽ゆき物語 第3章


冬の小樽を満喫するさまざまなイベントが

市街地で開催される「小樽ゆき物語」ですが

小樽の街並みを更に幻想的に演出する

小樽ならではの「青の運河」などのイルミネーション

クリスマスや雪の雑貨が集まる「ゆき物語select shop」など

期間中には小樽の魅力を感じることができるイベントが盛りだくさんです。

地元グルメを紹介する「まちごはん」もあります。



開催日 2015年11月21日~2016年2月14日

会場   運河プラザ、小樽駅、小樽運河など市内各所


*日によって行われるイベントが異なる場合があります。




引用元 http://next.jorudan.co.jp/illumi/images/spot/320/112352_1.jpg

引用元
http://next.jorudan.co.jp/illumi/images/spot/320/112352_1.jpg



小樽洋菓子舗ルタオ 本店


ケーキがメインですが

他のスイーツとともにランチやディナーも2000円くらいからいただけます。

全国各地でも販売される人気の濃厚でクリーミーなチーズケーキ

「ドユーブルフロマージュ」は

この本店でのみ冷凍・解凍されていない「生」の状態で味わうことができます。

引用元 http://kuchikomi.directory/wp-content/uploads/2014/09/rutao6.jpg

引用元
http://kuchikomi.directory/wp-content/uploads/2014/09/rutao6.jpg



魚真


小樽では人気のすし店で、平日でも並ぶことが多い人気店です。

にぎり、うに丼、特上生チラシなどメニューの種類は豊富です。

少々お値段はお高めですが

新鮮なお刺身がたっぷり味わえる特上生チラシはお勧めです。

小樽だからこそ食べられる貴重な味わいです。

引用元 http://blog-imgs-16.fc2.com/s/p/i/spilulu/2007_1216hokkaido071213-160456.jpg

引用元
http://blog-imgs-16.fc2.com/s/p/i/spilulu/2007_1216hokkaido071213-160456.jpg



小樽倉庫№1


本格的なドイツビールと、地元の食材を使ったおつまみ

本場さながらのドイツビアパブの雰囲気を楽しめるお店です。

無料の醸造見学などもできます。おつまみもビールに合うものばかり

食事ではもちろん、ちょっと一休みに利用するのにも良いです。

引用元 http://lostball-mania.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_23b/lostball-mania/E5B08FE6A8BDE58089E5BAABNo.1.jpg?c=a1

引用元
http://lostball-mania.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_23b/lostball-mania/E5B08FE6A8BDE58089E5BAABNo.1.jpg?c=a1




スポンサードリンク



小樽雪あかりの路の各会場の特徴は?



小樽雪あかりの路その1〜運河会場〜


JR小樽駅をまっすぐに下がった中央橋から

撮影スポットとして人気の高い浅草橋までです。

運河には200個のキャンドル。

道沿いにはチームオブジェによるオリジナリティーあふれる作品が並びます。

ハートのオブジェで写真を撮り

屋外ライブステージで美しい音色に聞き入りましょう。

(例年ピアノライブなどが開催されます)

引用元 https://lh6.googleusercontent.com/-Dcn0t3Rxvz0/VN3bn4iNx6I/AAAAAAAAevc/zoUh2x01lFc/s800/DSC01204.jpg

引用元
https://lh6.googleusercontent.com/-Dcn0t3Rxvz0/VN3bn4iNx6I/AAAAAAAAevc/zoUh2x01lFc/s800/DSC01204.jpg



小樽雪あかりの路その2〜手宮線会場〜


素朴さが魅力のてづくりのあたたかさを感じることができます。

静けさと素朴さが魅力のエリアです。

幌内鉄道の旧国鉄手宮線に作られる会場で

街灯が少なく静かな雰囲気の中に手作りキャンドルが並ぶ

雪あかりの路の原点を感じるエリアです。

スノートンネルでの散歩はおとぎ話のような雰囲気です。

手作りワックスボールの暖かな光を頼りに

天使の迷い道を歩きましょう。また、スノー滑り台は挑戦の価値ありです。

引用元 http://img-cdn.jg.jugem.jp/269/1709563/20140217_984077.jpg

引用元
http://img-cdn.jg.jugem.jp/269/1709563/20140217_984077.jpg



小樽雪あかりの路その3〜朝里川会場〜


山里にキャンドルの灯りが映えるカメラ愛好家にお勧めのエリアです。

白銀の朝里川のほとりや川の中にキャンドルの灯りが揺らめき

まるで絵本の中に迷い込んだような世界が広がります。

体が冷えたら韓国屋台本場の味をテントのなかで堪能しましょう。

引用元 http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/11/69/d0140869_3234136.jpg

引用元
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/11/69/d0140869_3234136.jpg



小樽雪あかりの路その4〜天狗山会場〜


美しい夜景と木々のライトアップを楽しみます。

展望カフェで一休みもお勧めです。

北海道三大夜景と言われる景色が望める天狗山。

道すがら市民の手作りオブジェも眺められます。

初日は、オープニングセレモニーも開催されます。

天狗山のライトアップと夜景を楽しみ

色とりどりの光が木々を照らす絶景ポイントはカップルにお勧めです。

引用元 http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/img/event/000006594.jpg

引用元
http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/img/event/000006594.jpg



小樽雪あかりの路その5〜天狗山会場での花火〜


2015年、天狗山会場では

白銀のゲレンデにたいまつ滑走と花火が交錯し

多くの観客から歓声が上がりました。

全体的には静かに散歩をするイメージですが

唯一天狗山会場のオープニングセレモニーでは、にぎやかに花火が上がります。

天狗山はJR小樽駅から車で17分の小樽のシンボルです。

会期中は、キャンドルが灯り樹木もライトアップされます。

2015年には約600発の花火が上がりました。セレモニー会場は混みあうので

ロープウェイまで行ってみるのもお勧めです。

花火は山頂までの高さは無いので、山頂からみると下に見えます。

見上げることの多い花火で、見下ろすのも乙なものです。

https://youtu.be/1Cknr8RuLx4?t=50


小樽雪あかりの路でおとぎ話のようなデートを……



キャンドルでほのかなあかりに照らされ

雪の白さと歴史的建造物のなか

日常から一瞬かけ離れたような感覚に陥ることができるのではないでしょうか。

カップルならおもいきり二人の世界に浸れそうです。

いつもの賑やかなデートも楽しいですが

ぜひ2月には小樽まで足を延ばして静かな大人のデートを楽しんでくださいね

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ