小樽雪あかりの路で素敵な出会い・デートを‼︎アクセス・駐車場は?小樽雪あかりの路とは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 553

今年で18回目を迎える「小樽雪あかりの路」は

国内はもちろん海外にも札幌雪まつりに続く

北海道の冬の風物詩として認知されています。

北海道の厳しい冬の厳寒地ならではの光景

手作りの人情味あふれたふれあいなど

地域性・人との触れ合い・自然との共存をテーマに毎年進化しています。

引用元 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/ff/Otaru_yukiakari_no_michi.jpg

引用元
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/ff/Otaru_yukiakari_no_michi.jpg




スポンサードリンク



小樽雪あかりの路の各会場の特徴などに関する情報は

小樽雪あかりの路2016のおすすめデートスポットは?各会場の特徴・イルミネーションは?


小樽雪あかりの路の口コミ情報や周辺の温泉・グルメなどに関する情報は

小樽雪あかりの路2016で素敵な大人旅を‼︎温泉やご当地グルメも満喫‼︎口コミ情報は?


小樽雪あかりの路のツアーやおみやげなどに関する情報は

小樽雪あかりの路へツアーで行ってみたら⁉︎おみやげやおすすめのホテルで素敵な北海道旅行を‼︎



をご閲覧願います。


小樽雪あかりの路とは?



北海道小樽市の雪とろうそくの祭典です。

今年2016年の「小樽雪あかりの路18」の開催日程は……

2016年2月5日(金)~14日(日)に決定されました。

北海道の町に奇跡的に残された小さな古めかしい街並みや運河で

かつて北海道の開拓を支え

今は用済みとなった旧幌内道一手宮線、廃線跡地を舞台として

厳寒の2月、運河に浮かぶ数百ものガラスの浮き玉のろうそくの灯りは

水面に浮かぶ天の川となり

降り積もった雪の中に無数のろうそくの灯りがゆらめく廃線跡地は

路地裏の銀河鉄道としてよみがえります。

雪の中にほのかにゆらめく無数の灯りは一人ひとりの祈りとなり願いとなります。

10日間、かよわいささやかな灯りが絶やされることはありません。

この無数の小さな灯りを慈しみ、一つ一つの小さな祈りを雪の日も、風の日も守り続けます。

伝えたいメッセージは………

「守りあい 隣り合い 挨拶しあう愛」

………だそうです^^


小樽雪あかりの路の歴史



小樽市が観光の町として全国に知られるようになったのは

昭和61年に小樽運河が現在の形に整備されてからです。
 
近年多くの観光客が訪れている小樽ですが

冬季には観光客が著しく減少する閑散期となります。

この時期に何とか集客を図れないか……

歴史的建造物を数多く有する街並みや

景観を有効活用した新しいイベントが開催できないか………

こんな発想から官民一体となった議論の結果

平成11年「小樽雪あかりの路」が生まれました。

厳寒の2月に小樽全体がろうそくの暖かなあかりに包まれる幻想的なイベントであり

イベント名は小樽ゆかりの作家「伊藤整の詩集~雪あかりの路」に由来します。

「小樽雪あかりの路」がこだわり続けているコンセプトは「手作り」です。

スノーキャンドルの製作から、設置、補修………

ろうそくが消えてもまた火をともす地道な作業は

すべてボランティアの手で支えられています。また

町内会や幼稚園や保育園、小・中学校などに積極的に参加を呼びかけ

実行委員会のメンバーがスノーキャンドルやオブジェの製作に出向しています。

これらが功を奏し、町内会や学校単位での参加も増え

家の中にこもりがちになる冬季における健康づくりにも役立っています。

https://www.youtube.com/watch?v=w9bU3kRO61M



小樽雪あかりの路へのアクセス



小樽雪あかりの路の会場までのアクセスを調べてみました。

JR線を利用していくアクセス方法と高速バスを利用する方法を

調べてみました^^

小樽雪あかりの路へJRでアクセスする場合




新千歳空港駅→小樽駅 約1時間12分

札幌駅→小樽駅      約32分




小樽雪あかりの路へ高速バス(中央バス・JRバス)でアクセスする場合


中央バスで行く小樽雪あかりの路へアクセス……



札幌ターミナル→小樽駅前 約1時間




小樽雪あかりの路イベントに関連して

小樽市内への観光スポットへの関連するバスは多数出ています。

また、小樽駅から準メーン会場である朝里川温泉会場へのアクセス方法は……



バス停

「小樽駅前ターミナル2番乗り場、朝里川温泉線⑬」で乗車して~

バス停「温泉坂上」下車




引用元 http://yukiakarinomichi.org/wp-content/uploads/2014/12/mapa_fin1.jpg

引用元
http://yukiakarinomichi.org/wp-content/uploads/2014/12/mapa_fin1.jpg




スポンサードリンク



小樽雪あかりの路の会場周辺の駐車場事情



開催場所は………

小樽運河・旧国鉄手宮線・朝里側温泉・天狗山など市内全域ですが

指定された駐車場はありませんTT

市内全域で、もっとも見たい場所は

近くにコインパーキングなどに駐車しましょう‼︎



タイムズ小樽運河24台収容

東伸パーキング13台収容

ネクステップ小樽色内パーキング32台収容

リパ-ク小樽運河第230台収容

タイムズ小樽色内第38台収容

リパ-クワイド小樽運河倉庫14台収容

リパ-ク小樽運河38台収容

エッセ小樽色内パーキング24台収容

小樽掖済会病院来院者用駐車場38台収容

カナルサイドパーキング14台収容





小樽雪あかりの路で手作りの暖かさを体感しましょう‼︎



小樽雪あかりの路のろうそくなどは、すべて手作りで

しかもボランティアの手で作られています。

見ればその素晴らしさ、温かさに気づくことでしょう。

電気などのいわゆる照明は明るく、人の暮らしを便利にしました。

それに比べて、ろうそくの灯りは証明としては暗いですが

何とも言えない暖かさを感じます。

本当に寒いイベントになりますが

まるで天の川や銀河鉄道の中に入り込んだような

幻想的な世界は必見に値します。

https://youtu.be/4lnSE-Tt2FY?t=309



スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ