札幌(さっぽろ)雪まつり2016の日程は2月5〜‼︎会場までのアクセスは?混雑や寒さ対策は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 437

冬のお祭り・イベントとして有名なものといえば………

札幌(さっぽろ)雪まつり〜‼︎ですよね^^

毎年テレビのニュースなどでも紹介される季節を問わず

日本で最も有名なお祭りの一つですもんね。

でも、わたし……札幌(さっぽろ)雪まつりに一度も行ったことがないんですTT

北海道って………ちょっと遠いですもんねTT

この時期にお休み取るのも………ひじょ〜に、きびし〜ぃぃ〜‼︎……ですよね

それでも、やっぱり行ってみた…と思って止まない今日このごろ

みなさんはいかがでしょうか?

もしかしたら……ぜひ札幌(さっぽろ)雪まつりを

見に行きたいと思っている方もいらっしゃることでしょう^^

そこで今回は……

札幌(さっぽろ)雪まつりの歴史や2016年の日程・会場までのアクセスなど

について調べてみました。


スポンサードリンク



札幌(さっぽろ)雪まつり2016の日程・見どころ・混雑状況などに関する情報は

札幌(さっぽろ)雪まつり2016の日程は?見どころは?初音ミクやイルミネーションは?


札幌(さっぽろ)雪まつり2016のツアー・口コミなどに関する情報は

札幌(さっぽろ)雪まつり2016はツアーで行きたい‼︎おすすめのツアーは?クラブツーリズム・近畿日本ツーリスト


札幌(さっぽろ)雪まつり2016のお土産やご当地のグルメなどに関する情報は

札幌(さっぽろ)雪まつり2016にツアーで行っても外せないおみやげ・ご当地グルメ・観光スポットは?



をご閲覧願います。


札幌(さっぽろ)雪まつりとは?札幌(さっぽろ)雪まつりの歴史



さっぽろ雪まつりは1950年に

当時雪捨て場だった大通り7丁目に中・高生が

6つの石像を作ったのが始まりとされています。

1953年には高校生による高さ1メートルの大雪像が作られ、1955年には自衛隊が参加。

1972年の札幌オリンピックの時に

世界に紹介され海外からも見学に訪れる人も増え

現在のような一大イベントとなりました。

引用元 http://livedoor.blogimg.jp/ingaoho/imgs/5/d/5d9bb463.jpg

引用元
http://livedoor.blogimg.jp/ingaoho/imgs/5/d/5d9bb463.jpg




札幌(さっぽろ)雪まつり2016の日程



2016年の札幌(さっぽろ)雪まつりは

大通り会場をメインに、つどーむ会場、すすきの会場の3か所で行われます。

日程は2月5日から11日まで催されており、ことしはつどーむ会場のみ

2月5日から18日まで行われます。

大通り会場・すすきの会場は終夜出入りはできますが

ライトアップされるのは大通り会場で22時まで

すすきの会場は23時までとなっています。つどーむ会場は9時から17時までです。

https://youtu.be/ZZmgT7tOenI



スポンサードリンク



札幌(さっぽろ)雪まつり・会場までのアクセス





大通り会場

地下鉄南北線・東西線・東豊線 大通駅下車すぐ

つどーむ会場

地下鉄東豊線 栄町駅下車徒歩15分 

その他市内各地からシャトルバスの運行あり。

すすきの会場

地下鉄南北線 すすきの駅下車すぐ


引用元 http://coochanblog.com/wp-content/uploads/2015/11/WS000211.jpg

引用元
http://coochanblog.com/wp-content/uploads/2015/11/WS000211.jpg




なお駐車場はほとんどなく、つどーむ会場は自家用車での乗り入れはできません。

どうしても車で行かれる方は

早朝ならすすきの会場周辺で駐車できる可能性もあります。

やはり地下鉄で行かれる方が良いと思います。暖かいしね。


札幌(さっぽろ)雪まつりを見に行くための準備



さっぽろ雪まつりは毎年国内外から見学に来る人が

200万人以上と言われ、かなりの混雑が予想されます。

もちろん北海道で2月と言えばかなり冷え込むことを予想しなければいけません。

特に日が落ちた後は氷点下になることも考えられますし

ライトアップやプロジェクションマッピングをじっと立って眺めていると

からだの芯から冷え込んできます。

ホットな飲み物に頼っているとトイレが大変になりますから

防寒用の下着を重ね着してスキージャケットなどでしっかりガードしてください。

足元も冷えますから靴下も暖かいものを

手袋はもとより耳あてもあった方がいいでしょう。

フードか帽子もお忘れなく。

可能な限り肌が露出している部分を少なくした方が良いと思います。

また滑りやすくなっていますから雪道に慣れていない人は

靴用のすべり止めを付けた方がいいでしょう。

駅の売店で500円ぐらいで売っています。

北国ならではの大雪像を楽しんでください。

くれぐれも転んでけがなどしないように注意してくださいね‼︎


スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ