婿投げ・すみ塗り2016は新潟県十日町市松之山湯本薬師寺堂で‼︎婿投げ・すみ塗りとは?アクセスは?

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 429

新潟県十日町市松之山湯本薬師寺堂では

毎年1月15日に「婿投げ」と「すみ塗り」という

ちょっと変わったお祭りがおこなわれているみたいです…………。

いわゆる「奇祭り」っていうやつですね。

今回は噂には聞いているけど

「婿投げ・すみ塗り」っていうお祭りを見てみたいと思っているけど………

どこでやっているの?婿投げ・すみ塗りって何?と思っている方のために

婿投げ・すみ塗りについていろいろ調べてみました^^

引用元 http://nagaoka.sakura.ne.jp/sblo_files/nagaoka/image/110115mukonage.JPG

引用元
http://nagaoka.sakura.ne.jp/sblo_files/nagaoka/image/110115mukonage.JPG




婿投げ・すみ塗りのスケジュール・見どころなどに関する情報は

婿投げ・すみ塗り2016は越後の奇祭り‼︎婿投げ・すみ塗りとは?怪我はないのか?スケジュールは?

婿投げ・すみ塗りの近隣の宿泊施設・おみやげ・ご当地グルメなどに関する情報は

婿投げ・すみ塗り2016へツアーで行くには?十日町市松之山湯本薬師寺堂周辺の宿泊施設は?ご当地グルメ・観光スポットは?


をご閲覧願います。


笑いが絶えない新年のお祭り⁉︎婿投げ・すみ塗りとは?



婿投げ・すみ塗りとは

新潟県十日町市松之山湯本薬師寺堂(松之山温泉群)で行われている

越後の奇祭と呼ばれている小正月の行事です。

婿投げは前年に地区の女性と結婚した初婿(婿養子ではない)を

薬師堂の高さ5メートルほどある境内から投げ落とす行事なのですが

由来は略奪結婚の名残とも村の娘を取られた腹いせとも言われています。

すみ塗りは、しめ縄や正月飾りを燃やし(どんど焼きとも言われる)

その灰を雪と混ぜその炭をお互いの顔に塗りあい

「おめでとう」と言い合いながら、無病息災・家業繁栄を願うお祭りです。

婿投げとすみ塗りについてもう少し詳しく調べてみました。


https://youtu.be/s9tvzGBOiBQ



スポンサードリンク



婿投げ


元来は地区の女性が嫁に行き

1月15日に夫婦で帰省し婿が湯守処から

地元の人は有志が一般公募の人は付き添人たちによって担ぎ出され

掛け声とともに5メートル下の雪の上に投げられます。

心配そうに見守っている嫁が

婿の雪をやさしく払ってあげて夫婦のきずなが深まるというものです。

しかし昨今は地区の女性が少なくなってきたため

公募で婿投げの参加者を募るということもされています。

また雪は新雪なので怪我をすることもなく

雪が少ない年は周辺の雪をわざわざ集めるということもしていますので

安心して見守ることができます。


すみ塗り



無病息災を願うすみ塗りは主に顔が真っ黒になることから

現在は湯元地区のみ行われています。

誰でも参加できますがあまりきれいな服を着ていくと

後で後悔することになりかねません。

警備をする人まで顔が真っ黒になるので

その後は松之山温泉できれいになりましょう…………

という温泉地だからこそ続いてきた行事といえます。

引用元 http://www.niigata-kankou.or.jp/kankou-blog/event/mukonage15_2.jpg

引用元
http://www.niigata-kankou.or.jp/kankou-blog/event/mukonage15_2.jpg




スポンサードリンク



婿投げ・すみ塗りが開催される新潟県十日町市松之山湯本薬師寺堂へのアクセスは?



アクセスに関しては関東・関西と多方面からお見えになると思われますが

よろしければ、こちらをご参考願います。



ほくほく線まつだい駅よりバスで25分

関越自動車道塩沢石内ICより車で60分

北陸自動車道上越ICより車で60分

駐車場は松之山温泉入り口に無料で50台分あり。




婿投げは午後2時ごろからすみ塗りは午後3時ごろから始まります。

見学は無料ですが豪雪地帯のため温かい格好で行かれる方が良いと思いますし

すみ塗りに参加すれば顔が真っ黒になりますので

温泉などを探しておいた方が良いと思います。

<問い合わせ先>十日町市観光協会松之山事務所 025-596-3011

新雪にズボっとはまる姿は

おかしくもあり雪まみれのだんなさんを気遣うお嫁さんの姿は微笑ましく

とても楽しいお祭りなので一度見学に行かれてはいかがでしょうか?


引用元 http://livedoor.blogimg.jp/matunoyma_sato/imgs/6/9/69fe0a24.jpg

引用元
http://livedoor.blogimg.jp/matunoyma_sato/imgs/6/9/69fe0a24.jpg




スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ