練馬・酉の市(とりのいち)について調べてみた件2015 時間・練馬大鳥神社・時間

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 316

年末の風物詩である酉の市(とりのいち)の季節がやってきました。

「酉の市(とりのいち)に行かなきゃ、年が越せない‼︎」

と毎年行っている方や初めて酉の市に行こうと思っている方の為に

練馬の酉の市(とりのいち)について調べてみました。

引用元 http://img.topics.smt.news.goo.ne.jp/picture/minkei/m_minkei-nerima957.jpg?480x0

引用元
http://img.topics.smt.news.goo.ne.jp/picture/minkei/m_minkei-nerima957.jpg?480×0


 

スポンサードリンク


 

 

今年は三度ある練馬の酉の市酉の市(とりのいち)



11月の酉の日に行われる酉の市(とりのいち)。

暦によって酉の日は2回から3回ありますが

2015年は11月5日、19日、29日の3回です。

西武線 練馬駅から徒歩5分ほどにある練馬大鳥神社の年中行事の一つで

開運熊手を売っている露店や屋台などがたくさん立ち並び、とても賑やかです。

神殿では14時、16時、19時、20時半に御神楽が行われ

21時半には投餅があります。なお御神楽は演目によって時間が変わることがあります。

https://youtu.be/D_Z_JIM6lxU



やはり酉の市(とりのいち)に行ったらほしい開運熊手


開運・招福・商売繁盛を願う酉の市(とりのいち)では

熊手がたくさん売られています。熊手は福をかき集めるとか

鷲が獲物をわしづかみすることになぞられ、その爪を模した物ともいわれ

福徳をかき集める、わしづかむという意味で大変縁起の良いものとされています。

値段は千円ぐらいのミニ熊手から数十万円する大きなものまであります。

熊手は毎年大きくした方が良いとされている為(同じ大きさでもOK、小さくするのはNG)

最初にあまり大きなものを買うと来年からつらいことになりかねません。

売れ筋は一万~五万円ぐらいですが

まず自分で予算を決め数百件ある熊手屋から

キティちゃんのついている熊手やおかめや招き猫、鯛、松竹梅など

縁起の良いもので飾られた熊手など様々なものから自分の好きなデザインを探します。

欲しい熊手が見つかったら……

「値切る→値切る→値切る→頃合いを見て商談成立→値切った分の差額はお店の人へのご祝儀」

という買い方が粋とされています。

しかし慣れた人ならお店の人との会話として楽しむことも出来ますが

値切るは福を切るという説もありますので初心者の方は普通に購入しましょう。
 

 

スポンサードリンク


 

 

屋台も楽しい練馬の酉の市(とりのいち)


酉の市(とりのいち)の楽しみは数多く出店されている屋台。

定番のベビーカステラやリンゴ飴、綿菓子やバナナチョコのほかにも

酉の市限定のくまで焼きや体が温まるモツ煮込みなどもおすすめです。

毎年参拝客の方々で大行列ができますし

屋台が出そろう昼過ぎから混雑しますので少し早めに出かけた方が良いでしょう。

周辺には駐車場の数があまりありませんし

屋台にはイスとテーブルを用意しているところもありますので

ゆっくり座っておでんやビールを飲んで楽しむためにも公共交通機関を使った方がよさそうです。

酉の市に行かなくちゃ年が越せないという方も

ただ祭りが好き、屋台が好きという方も

練馬大鳥神社の酉の市に出掛けられてはいかがでしょうか?
 

 

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ