浅草・酉の市(とりのいち)について調べてみた件2015 地図・場所・熊手の買い方・飾り方・熊手の値段・種類

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 343

酉の市(とりのいち)は江戸時代から続く行事で

11月の酉に日にたつ市のことです。

関東地方では30か所以上の神社で酉の市が行われていますが

その中でも代表的な浅草・酉の市(とりのいち)と縁起熊手について調べてみました。


浅草・酉の市(とりのいち)周辺マップ



浅草・酉の市(とりのいち)は2015年は

11月5日、17日、29日の3回あります。浅草酉の寺長国寺、鷲神社で行われ

午前0:00から午後24:00の間、丸々24時間開催されています。

三の酉がある年は火災が多いとされていて

火除けのお守り(1本1000円)が授与されます。

神社にたどり着くまでの道々には、熊手屋さんを始め800店近くの屋台が並んでいて

多くの人でにぎわう楽しいお祭りになっています^^

引用元 http://www.torinoichi.jp/guidemap/image/map_yatai.gif

引用元
http://www.torinoichi.jp/guidemap/image/map_yatai.gif


 

 

スポンサードリンク


 

 

酉の市(とりのいち)……縁起熊手とは?



熊手は福や金銀をかき集めるものとして見立てられていて

毎年一回り大きなものに買い替えるのが良いとされています。

縁起物の飾りがたくさんついた熊手は

千円ぐらいから上は何十万円もするものまであります。

つい大きな熊手が欲しくなりますが

小さくなるのはNGとされていますので(毎年同じ大きさの物ならOK)

最初は小さなものを購入した方が良いでしょう。

開運・招福・商売繁盛の願いを込めた縁起熊手は、一年無難に過ごせたなら同じ大きさの物を

儲かった、良いことがあったなら少し大きなものに買い替えるなど

自分の身丈に合ったものを購入しましょう。
 

 

スポンサードリンク


 

 

酉の市(とりのいち)の縁起熊手の買い方


熊手を買うときには………

お店で気に入った熊手の値段を聞き→値切る→値切る→値切る

でころ合いのところで交渉成立。

お金を払う時に最初に聞いた値段で払い

差額のおつりはお店へのご祝儀とするのが粋な買い方です^^

値切れば値切るほど縁起がいいと説もありますが

買った(勝った)まけた(負けた)というような語呂合わせの意味もあります。

しかし慣れていてお店の人とのやり取りが楽しめる人はいいですが

初めて購入する場合は………

「初めてです」とお店の人に相談して、値切らずにそのまま買いましょう。

値切ると運を切るともいわれてますので

慣れない人は無理にする必要はありません。

購入後はお店の人たちで手締めをしてくれたりしますので

せっかくの開運縁起熊手、気持ちよく持って帰りたいですよね。


酉の市(とりのいち)の熊手の飾り方



持って帰った熊手は

福を呼び込めるよう玄関などの入り口に向けて少し高いところに飾るか

神棚に供えてお正月を迎えてください。ちなみに……



に向けると仕事運

なら地位や名誉

西向きなら金運




がアップすると言われています。

北向きはNGです。

また古いものを返す時は

前年に買った同じお店に返して新しいものを買うというのが主流ですが

境内に「熊手納め所」がありますのでそこに収める

あるいは分別して一般ごみとして処分してもいいのだそうですよ。

来年はもっと大きな熊手を買えるようになろう

そんな願いを込めてあなたも酉の市に出かけてみませんか?

引用元 http://mainichi.jp/graph/2014/11/10/20141110k0000e040067000c/image/001.jpg

引用元
http://mainichi.jp/graph/2014/11/10/20141110k0000e040067000c/image/001.jpg


 

 

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ