浅草・酉の市(とりのいち)について調べてみた件2015 デート・屋台・観光・楽しみ方

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

この記事の所要時間: 39

年末恒例の浅草・酉の市(とりのいち)の季節になりました。

開運、商売繁盛を願うお祭りですが

最近は商売をしていなくても十分楽しめるイベントになってきました。

熊手を買わなくても

800店近くある屋台を見るだけでもとても楽しめます^^

浅草・酉の市(とりのいち)の楽しみ方や浅草周辺の観光スポットについて調べてみました。
 

 

スポンサードリンク


 

 

浅草・酉の市(とりのいち)はデートにも使える



2015年の酉の市(とりのいち)は

11月5日、17日、29日の三回あります。浅草酉の寺長国寺、鷲神社で行われ

神社にたどり着くまでの道々には熊手屋さんをはじめとする屋台がずらりと並んでいます。

引用元 http://livedoor.blogimg.jp/furutone-ver2/imgs/5/9/59b3d63f-s.jpg

引用元
http://livedoor.blogimg.jp/furutone-ver2/imgs/5/9/59b3d63f-s.jpg



午前0:00から午後24:00まで24時間やってますので

会社帰りでも寄ることができます。酉の市(とりのいち)と言えば縁起熊手ですが

値切って値切って買う時には差額のおつりをご祝儀として渡す

なんていう”だんな”のような粋な買い方をすれば

彼女のあなたを見る目が変わっちゃいます。

お店の人たちに囲まれて

元気な手締めをしてもらうとテンション上がりまくりです

(ただし1万円以上の熊手じゃないと手締めをしてくれないところもあります)

すごい人出ですので、はぐれないよう手をつないでお祭りを楽しみましょう。
 

 

スポンサードリンク


 

 

浅草・酉の市(とりのいち)と言えば屋台



酉の市は商売繁盛を願うお祭りですが

お子様たちにとっては屋台がいっぱい出ているお祭りです。

今年の三の酉11月29日は日曜日ですので

家族連れで浅草・酉の市に出掛けてはどうでしょう?

24時間開催されている酉の市ですが

午前中や夕方の日が暮れるまでは比較的空いています。(時々休憩しているお店もありますが)

夜になると酒に酔った人も多くなりますのでお子様には怖いかも。

それにヨーヨー釣りやくじやおもちゃの店などはゆっくり見たいものですよね。

定番の焼きそばやリンゴ飴・ベビーカステラやイスとテーブルがあってゆっくりできるところもあり

ビールや焼き鳥なども味わえます。

浅草と言えば雷おこし・漬物を売っているところもありますし

コンビニもたくさんあるので一日中いても飽きません。


ついでに浅草観光もしちゃいましょう‼︎


浅草・酉の市(とりのいち)のついでに浅草観光しちゃいましょう^^

定番は『雷門』で有名な浅草寺。

人形焼きを食べながらお参りしましょう。

浅草のレトロな雰囲気が漂うテーマパーク花やしき

160年の伝統を持つ遊園地は今もなお愛されています。

隅田川観光船ヒミコは漫画家松本零士氏がデザインを手がけた観光船です。

隅田川からレインボーブリッジを臨むことができます。

https://youtu.be/cE9F3RUFXSk


浅草は酉の市(とりのいち)をはじめ、観光もグルメも充実してます。ぜひあなたも浅草を満喫してください。
 

 

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ